MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/04
  • HYPER REV編集部 廣嶋 健太郎

“アスリート”の名を冠した初めてのクラウン

ルーツをたどると7代目120系の特別仕様車に行き着く

このエントリーをはてなブックマークに追加
控えめなフロントリップスポイラー装着がアスリートの証。足回りは2ℓロイヤルサルーンに用意されたSパッケージと同じ、スポーティサス仕様となる。
『ロイヤル』と『アスリート』の区別がなくなってしまった、
クラウンとしては15代目にあたる現行220系。
「それじゃクラウンっぽくない!」なんて声も聞こえてきそうだけど、
伝統のロイヤルに対して、スポーティなアスリートはいつ出てきたのか?
カタログモデルとしては8代目130系。が、実はその前に存在してたのだ。
120系アスリートは前期型、後期型ともにラインアップ。前期型は2ℓ直6DOHCの1G-GEU型を、後期型はそのスーパーチャージャー仕様1G-GZEU型を搭載する。
ダッシュボードのデザインもブルー基調の内装色も80年代感満点。後期型アスリートは4速ATのみだけど、前期型には5速MTも用意されていた。

天下の変態グルマ雑誌、『ManiaxCars』で取材した、
貴重な120系クラウンの初代アスリートを先出し!

それも前期型5速MT仕様という、激レアモデルだ。

のちにロイヤル系を上回るほどの人気モデルとなるアスリートだけど、
その発端は30数年前に登場したこの特別仕様車にあるわけで、
いま実際に触れて、試乗してみると、なかなか感慨深いもんがある。

装着するだけでスポーティに見えるフロントリップスポイラー。必要以上に飾り立てないのが大人だ。
左右フロントフェンダーに装着されたエンブレム。トランクリッド左端にも同様のエンブレムを確認できる。

デビューから30数年が経ったいま、その走りはどうなのか?

当時は最先端だった24バルブDOHCの1G-GEUを搭載し、
クラウンなのに、それを5速MTで楽しめてしまうという贅沢(笑)。

足回りだって、専用セッティングが施されたスポーティサスだ。

試乗インプレは、そのうちManiaxCarsでやるんで、お楽しみに!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る