MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/08
  • MotorFan編集部

スバルXVとボルボV40クロスカントリー。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

スバルXVvsボルボV40クロスカントリー トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
XV 2.0i-S アイサイト
SUVの人気が高まるにつれて各社から様々なモデルが相次いで販売されているが、実用性と安全性のブランドイメージが強いのがスバルとボルボだ。そこで、両社のSUVのなかでも最もリーズナブルな「スバル・XV」と「ボルボ・V40クロスカントリー」を比較してみるとしよう。
V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム

 「スバル・XV」の初代モデルが登場したのは2010年。「インプレッサXV」と名乗っていたことから分かるとおり、ベースは「インプレッサ」だ。3代目となる現行型も「インプレッサ」と同じく最新プラットフォーム(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用するほか、EyeSight(ver.3)や歩行者保護エアバッグなども備わる。パワートレーンは1.6Lもしくは2.0Lの水平対向4気筒を搭載。駆動方式は4WDで、スイッチひとつで悪路走破性を高める制御へ切り替わる「X-MODE」がグレードによって備わる。

 一方の「ボルボ・V40クロスカントリー」もベースはハッチバックの「V40」だ。最低地上高は145mmとわずか10mmのアップに留まるが、ボディ下部を覆う架装によってアクティブな印象を際立たせ、4WDの設定もある。エンジンは1.5L直4ターボ、2.0L直4ディーゼルターボ、2.0L直4ターボを用意する。安全装備のインテリセーフには、自動車と歩行者に加えてサイクリストも検知する自動ブレーキをはじめ、歩行者エアバッグなどが全車に標準装備される。

 まずは、全体のサイズ比較から。

XV 2.0i-S アイサイト 全長×全幅×全高:4465×1800×1595mm ホイールベース:2670mm ミラーtoミラー:2030mm

全長やホイールベースが長く、そのメリットは室内や荷室の前後長にゆとりとして現れている。全高はルーフレール非装着では1550mmとなり、機械式立体駐車場にも対応。

XV 2.0i-S アイサイト
全長×全幅×全高:4465×1800×1595mm
ホイールベース:2670mm
車重:1440kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC
最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:16.0km/ℓ
車両本体価格:267万8400円

V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム 全長×全幅×全高:4370×1800×1470mm ホイールベース:2645mm ミラーtoミラー:2045mm

全高は新型XVはおろかインプレッサよりも低く、SUVというよりスポーティコンパクトにより近い性格を持つ。その一方でルーフレールは全車に標準装備と、アクティブな一面も。

V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム
全長×全幅×全高:4370×1800×1470mm
ホイールベース:2645mm
車重:1580kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
最高出力:245ps(180kW)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:14.8km/ℓ
車両本体価格:429万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

XV 2.0i-S アイサイト 室内長×室内幅×室内高:2085×1520×1200mm

左右対称のシンプルなデザインに、初めて乗った人でも直感的に操作できるインターフェースを実現。視界性能の良さも抜群だ。加飾類は1.6ℓ車と2.0ℓ車で差別化されているが、オートエアコンやアイサイトは全車に標準装備。
リヤシート高:620mm 後席は膝前に約210mm、頭上に約70mmの余裕があり、見晴らしも良好である。
フロントシート高:570〜630mm 2.0ℓ車はオレンジステッチが入った専用のトリコットコンビシートを採用。カジュアルな印象だが、腰回りのサイドサポートもしっかりしている。

V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム

素材や色使いに北欧の家具を思わせる落ち着きがある一方、メーターのグラフィックを好みに応じて切り換えられるなど、先進性も兼ね備える。ACCを含むインテリセーフを全車に採用し、一部を除いてHDDナビも標準装備される。
リヤシート高:570mm 後席スペースは膝前が約160mm、頭上が約30mm。居住性は少し狭い印象を受ける。
フロントシート高:520〜560mm 「T5 AWD」の一部グレードは本革シートを標準装備。8ウェイパワーシートや前席シートヒーター、ランバーサポートなども備わる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る