MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/03
  • GENROQ編集部

アウディ初の市販EVは1000万円オーバーのSUV【パリモーターショー2018速報】

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディe-tronがついに発売される。ふたつのモーターを搭載したEVのSUVは、2018年末にまず欧州で発売される。アウディは2025年までに12のEVモデルを発表するという。

 アウディ初となる市販EV、e-tron55クワトロがパリモーターショーで披露された。このクルマは9月18日にサンフランシスコで公開されたが、モーターショーの場所に登場するのはこれが初めてとなる。
 フロントとリヤにそれぞれモーターを搭載して4輪を駆動、バッテリーは車体中央に搭載することで重量バランスにも配慮。バッテリーは最大150kWの急速充電にも対応している。

 新たな意匠のライトユニットや、シルバーのシングルフレームグリルなど、デザインもEVらしい未来感に溢れている。またドアミラーはカメラ式を採用、見た目がスッキリとしているだけでなく、空気抵抗が向上してさらに効率的な走りが可能となる。

 インテリアはセンターコンソールの上下に大きなモニターを配置した、最新のアウディスタイル。クルマの設定やエアコン、オーディオなどの操作はほぼタッチパネル式となる。またシフトレバーも幅の広いグリップの新しいデザインが採用されている。居住空間やラゲッジスペースも広く取られており、日常使いに最適なEVである、とアウディは語っている。


 アウディは2025年までに12のEVモデルを登場させると発表。その第一弾となるe-tron55クワトロは2018年の終わりにまず欧州で7万9900ユーロ(約1040万円)から、という価格で発売される。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る