MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/03
  • MotorFan編集部

和製EVスーパーカー、アスパークOWL、0-100km/h加速は1.99秒で価格は4億円!【パリモーターショー2018速報】

最初の1台は2020年夏にデリバリー予定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年のフランクフルト・モーターショーに突如姿を現した和製EVスーパーカー、アスパークOWL(アウル)。今回のパリ・モーターショーでもブースを構えていた。開発は順調なのか? アスパーク社長の吉田真教氏に訊いた。

 アスパークは、日本のEVスーパーカーメーカーだ。開発にはイケヤフォーミュラが関係している。2017年のフランクフルト・モーターショーで華々しく登場したアスパークだが、その後どうなっているのだろうか? アスパークは、パリ・モーターショーでもブースを構え、0-100km/h加速1.99秒という驚異的な加速力を持つEVスーパーカー、OWLを展示した。

 ブースで、アスパークの吉田真教社長に話を聞いてみた。

──前回のフランクフルト・モーターショーから進化した点を教えてください。
吉田社長 航続距離、最高速度ももっと上げようと持っています。加速についても前回は0-100km/h加速で2秒ギリギリだったものを今回は、1.99秒というクルマに改良しています。
──EVですが、航続距離はどのくらい伸びましたか?
吉田社長 いま調整しているところです。重心の位置だとか、最高速度をどうするか調整しながら徐々に航続距離を伸ばしているところです。いま300kmを超えはじめたかなというところです。そのあたりの開発も並行して行なっています。

──前回伺ったときは、置いたらすぐに「これを売ってくれ!」という注文が2台入ったとおっしゃっていました。今回は?
吉田社長 今回、パリ・サロンに出すという話が伝わってからいろいろお問い合わせをもらっています。価格は3.1ミリオン・ユーロです。
──3.1ミリオン・ユーロというと……。
吉田社長 4億500万円とか4億1000万円というところです。
──デザインはなにか変わったんですか?
吉田社長 いいえ変わっていません。デザインは一緒です。実際に販売する際は、もうひと回り大きくなりそうです。フロントとかは変わらず、ボディの部分が多少変更になるかもしれません。より空力的に洗練されたボディになると思います。テールも若干変わって、ダウンフォースなどが改善する予定です。

──販売はいつ頃になりそうですか?
吉田社長 最初の1台目が2020年の夏を目指している。ということになりそうです。
──開発は順調に進んでいますか? 資金面も大変とは思いますが。
吉田社長 これからいろいろ課題が出てくるとは思いますが、一応スケジュール通りには進んでいます。(OWLの生産は)夢ですから頑張ります。できあがっていく過程は楽しいです。大変ですがやりがいもあります。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る