MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/03
  • MotorFan編集部

メルセデス・ベンツ ブースに「EQシルバーアロー」登場!! GLE、Bクラス、AMG A35、AMG GT 43、EQC、スマートも世界初公開!!!【パリモーターショー2018速報】

多彩なニューモデルを発表する、メルセデス・ベンツの本気度

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツはパリモーターショーの会場で、新型モデルを続々と発表した。世界初公開モデルを含む、注目のニューモデルを速報で紹介しよう!!

フル充電で450kmの連続走行が可能な「EQC」を初公開!

 メルセデス・ベンツがパリモーターショーで公開したモデルは、EVスポーツコンセプトから人気ナンバーワンの新型SUV、メルセデスAMGブランドの廉価版ホットハッチ、そしてシティコミューターまで多彩だ。まさに「オールジャンル」と言えるほどのボリュームである。

 まずはコンセプトカーから紹介しよう。「EQシルバーアロー」は、米国ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018で世界初公開されたモデルで、メルセデス・ベンツの電気自動車ブランドである「EQ」とモータースポーツでメルセデス・ベンツを表す「シルバーアロー」を組み合わせている。

 このネーミングからも分かるように、EQシルバーアローは近未来をイメージした“EV+スーパースポーツ”の一人乗りモデルである。1973年に活躍した一人乗りレーシングカー「W125」をオマージュしたモデルであるが、メルセデス・ベンツは「メルセデスEQフォーミュラEチーム」を結成し、2019年末に開幕するフォーミュラE選手権シリーズにフル参戦することが決まっており、こうしたモータースポーツ参戦を象徴するコンセプトカーでもあるのだろう。

 また、メルセデス・ベンツブースでは、この「EQ」を冠した初の市販モデルとなる「EQC」をフランスで初公開した。

 EQCは、フル充電で450kmの連続走行が可能なEVであり、「eEDL」と呼ばれる4輪を電気モーターで独立して駆動する統合システムを搭載。路面状況やシチュエーションに応じて最適な駆動力をタイヤに伝える。MBUXマルチメディアシステムの搭載など、最新のメルセデス・ベンツテクノロジーを満載し、2019年の欧州デビューが見込まれている。

 続いて、MF.jpで既報のニューモデルがショー会場で初公開され、新型Bクラス、Aクラス・セダン、メルセデスAMG A35 4MATICなどが相次いで発表された。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る