MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/04
  • GENROQ編集部

フェラーリからクラシックテイスト溢れる限定車「モンツァSP1/SP2」が登場【パリモーターショー2018速報】

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近は特にクラシックフェラーリの人気が高まっているが、ヒストリックなモデルをモチーフにした限定モデルが新たに登場した。SP1とSP2は、ウインドスクリーンさえ持たないバルケッタボディが特徴だ。

 フェラーリはパリモーターショーにおいて、限定生産のスペシャルモデルFerrari Monza SP1とSP2を披露した。これはフェラーリの歴史の中でも刺激的なモデルをモチーフとする「Icona」(イーコナ)と呼ばれる新しいコンセプトから生まれた最初のモデルだ。

 ややクラシックなフォルムからも分かる通り、モチーフは1950年代のバルケッタモデル。1948年に登場した166MMバルケッタはカロッツェリア・トゥーリングの手による、非常に小さく簡素なウインドスクリーンのみを持つオープンボディが載せられていた。SP1とSP2はこの古き時代のバルケッタボディに着想を得て、ルーフなどの耐候装備を一切持たず、ウインドスクリーンも備わらない。

 オーダー時にシングルシートと2シーターを選ぶことができ、シングルシートのSP1の場合はパッセンジャー・シートはトノカバーで覆われる。

Monza SP1

 クラシックなスタイルを採り入れながらも、現代のクルマらしく快適性も考慮されている。特許技術のバーチャル・ウインドスクリーンは、ボンネットを流れる風がエアインテークに取り込まれ、流速を高めてインパネも前で垂直方向に排出されることで、ドライバー頭部への気流を逸らすというもの。このテクノロジーによってクラシカルなバルケッタボディながらドライバーへの走行風の影響は最小限となり、運転に集中することができるというわけだ。

Monza SP1

 スムーズで無駄のないラインで構成されるフロントまわり、シンプルな面と上方に開くコンパクトなドアを持つボディサイド、ランプ類を上下のシェルの間に収めて、アッパー・シェルが独立しているかのように見えるリヤエンド、そして乗員の背後に伸びるバルジなど、SP1とSP2のデザインはクラシックとモダンが見事に融合した美しさを持つ。またボディパネルやシートにはカーボンファイバーが用いられるなど、軽量化も図られている。

Monza SP2

 ベースとなっているのがV12エンジンを搭載する812スーパーファストで、さらなるチューニングを施した結果パワーは10psアップの810psを発揮。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は300km/hと、812スーパーファストお340km/hより落ちるが、これはバルケッタボディのためだ。

 限定台数や価格などは明らかになっていないが、フェラーリのスペチアーレモデルの例にもれず、発売前に“完売”となってしまうのは間違いないだろう。

Monza SP2

SPECIFICATIONS
フェラーリ・モンツァSP1
■ ボディサイズ:全長4657×全幅1996×全高1155mm ホイールベース:2720mm ■車両重量:1510kg ■エンジン:V型12気筒DOHC 総排気量:6496cc 最高出力:596kW(810ps)/8500rpm 最大トルク:719Nm(73.3kgm)/7000rpm ■トランスミッション:7速DCT ■駆動方式:RWD ■サスペンション形式:FRダブルウイッシュボーン ■ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ:F275/30ZR21 R315/30R20

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る