MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/11
  • ニューモデル速報

マツダCX-5が国内初の2.5ℓガソリンエンジンを搭載

マツダグローバルで1/4の販売台数をしめる基幹車種CX-5が商品改良を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の商品改良と同時にCX-5の最上級グレードとして、こだわりの素材により、モダンさと温かみを表現した特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」も同時に受注を開始。
マツダの人気SUVのCX-5が国内初採用となる2.5ℓガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5T」の搭載、2.2ℓディーゼル車に6速マニュアルミッションを追加するなどの商品改良を実施し、受注を開始した。

 今回の商品改良では、人気のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D2.2」に加え、マツダの国内車種として初めて2.5ℓ直列4気筒直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5T」を設定。
 また、安定感のある走りを実現する車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール(GVC)」もハンドルを切った際の制御に加え、ハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」へと進化。高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ、安心感が高められた。
 さらに、「SKYACTIV-D2.2」搭載車には新たに、このクラス(2.0ℓ超の国産SUV)唯一となる6速マニュアルトランスミッションを追加設定。車を操る楽しさ提供する。
 このほか、17インチアルミホイールの塗装をダークシルバーからグレーメタリックに変更、エアコンパネルのデザインと各種スイッチ・ダイヤルのデザインを一新し、質感と操作性を向上、ノーマルスピーカー車はAピラートリムを樹脂からファブリックに変更するとともに、Aピラー根元にツイーターを追加するなど質感の向上も図られている。

「Exclusive Mode」はシート素材に柔らかな触感のナッパレザーの採用と黒&ディープレッドの専用カラーコーディネイト、本杢加飾パネル、フレームレスインナーミラーを採用。19インチアルミホイールの塗装変更やシートベンチレーション、7インチTFTメーター、室内照明のLED、フットランプとイルミネーション機能など多岐に渡る特別装備が魅力。
「SKYACTIV-G2.5T」 最高出力:169kW(230ps)/4250rpm 最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る