MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/11
  • ニューモデル速報

ホビーユースや車中泊派なら必見! N-VANとフリードプラス(フリード+)では、 いったいどちらが積めるのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリードプラス
N-VAN

 次は、具体的にラゲッジルームを検証してみよう。フリードプラスは、5名乗車の場合で、最小幅1250mm、室内高(モール部分)1280mm、奥行き870mm、2名乗車なら奥行きは1640mmまで広がる。対するN-VANは、最小幅905mm、室内高(モール部分)1295mm、奥行きが760mm。2名乗車の場合の奥行きは1550mmである。

フリードプラス(フル乗車時)
N-VAN(フル乗車時)

 最小幅は345mmの計測値の差が出たが、これはN-VANのホイールハウス部分がやや飛び出ているためでもあり、実際に使えるラゲッジ幅としては、カタログ値の室内幅の差である220mmよりも差は縮まりそうだ。たがもちろんN-VANが不利であることには違いない。室内高は、計測値ではわずかに15mmだけ、N-VANが勝る。ところがフリードプラスのフロアは、テールエンド部分がもっとも低く、前にいくに従ってスロープ状にフロアが高くなる。加えて深く彫り込まれている部分の最大幅は730mmと、N-VANのフロア幅905mmを大きく下回る。N-VANは、フロアの面積ぶんは、ほぼそのまま上部空間が開けているため、たとえば1mを優に超えるような背の高い荷物をたくさん積みたいというニーズであれば、間違いなくN-VANが有利だ。

フリードプラス(2名乗車時)
N-VAN(2名乗車時)

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る