MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/11
  • ニューモデル速報

ホビーユースや車中泊派なら必見! N-VANとフリードプラス(フリード+)では、 いったいどちらが積めるのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2名乗車時の最大奥行きは、フリードプラスが90mm上回る。つまり幅と長さではフリードプラスの勝ちだ。ところがこちらもフル乗車時と同じで、N-VANは、床面積ぶんをズドンと真四角にいっぱいいっぱい使える。対するフリードプラスは、深底部分が限られているのに加え、その部分は平らにもならない。N-VANの後席シートは、元からそこになかったかのようにフロアレベルまで落ち込み、室内高がそのまますべて使えるのだ。フリードプラスは立派な乗用車シートのため畳んでも高さが残るため、天井中央部でも960mm程度の高さしか取ることができない。

フリードプラスは、ラゲッジボード有り無しで使い分けが可能。
N-VANは、写真の助手席までもがフロアと面一に落としこまれる。

 最後に、それぞれ独自の機能に触れよう。N-VANは、助手席シートまでもがフロアと一体化して沈み込むのが最大の特徴だ。ダッシュボード下までの、助手席側最大荷室長は実に2635mmにも及ぶのだ。このアイデア、この数値は圧巻だ。一方、フリードプラスの特徴は、二段式のラゲッジだろう。ラゲッジボードと面一の長いフラットフロアを実現したまま、ボード下に別室のラゲッジルームを確保することができるのだ。

 結論。総合的に見て、徹底的に荷物の積載量を確保したい場合には、意外にもむしろ全長が900mmも短いN-VANの勝ち! 全長が900mm、全幅が220も狭くても、フロアに埋め込まれるシートを含めて、スクエアな絶対空間確保への意地はさすがの脱帽レベルである。なるほど商用軽バンだけのことはある。一方、フリードプラスは、たとえばシートの作りなどがN-VANとはまったく異なる。乗用車として装備や普段使いの快適性、走行性能は譲れないけれど、いざというときにはファミリーキャンプや趣味の車中泊に使いたい人にオススメの一台だといえるだろう。

積むことに徹底的にこだわるなら、N-VAN!
普段の快適性を重視するなら、フリードプラスだ。


モーターファン別冊 2018-2019年 軽自動車のすべて
N-VANの車中泊レジャーを想定した特集企画も展開!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る