MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/17
  • MotorFan編集部

トヨタ・エスティマとホンダ・オデッセイ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

トヨタ・エスティマvsホンダ・オデッセイ トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
エスティマ アエラス プレミアム-G(ハイブリッド)
ミニバンの魅力で真っ先に挙げられるのが、室内空間の広さがもたらす利便性だ。しかし、実用性以外にも広い室内は乗員の快適性にも効いている。政治家や芸能人の移動手段として「アルファード」と「ヴェルファイア」が人気だが、価格は高め。そこで注目したいのが「トヨタ・エスティマ」と「ホンダ・オデッセイ」だ。実用性の高さと快適性に加えて、価格もリーズナブルと、総合力の高さが光る。
オデッセイ ハイブリッド・EXパッケージ

 「トヨタ・エスティマ」が誕生したのは1990年。エンジンを横に75度寝かせることでフロアを平らにし、室内空間の拡大に成功した。現行型は2006年に登場した3代目であるが、16年にエクステリアデザインをはじめ大幅な改良が施された。7人乗りと8人乗りが用意されており、7人乗りの2列目はセパレートタイプが採用されており、一部グレードにはオットマンも備わる。パワートレーンは2.4L直4のほか、2.4L+モーターのハイブリッドを用意。安全装備はレーザーレーダーと単眼カメラで先行車や車線を認識するToyota Safety Senseが全車に標準装備される。

 「ホンダ・オデッセイ」は1994年に初代が登場。1999年の2代目や、2003年の3代目、そして2008年の4代目までは低く構えたスポーティな佇まいが特徴だったが、13年に登場した5代目で一変。超低床プラットフォームの大幅刷新をはじめ、全高を高めたことで、ミニバンの王道スタイルへの路線変更が図られた。なお17年11月のマイナーチェンジでは2列目プレミアムクレードルシートのヘッドレストを大型化するとともに、足元に収納を設け、快適性と利便性の向上が図られた。パワートレーンは2.4L直4と2.0L+モーターのハイブリッドを展開。安全装備はHondaSENSINGを全車に搭載。先行するクルマだけでなく、対向車や歩行者も検知する。

 まずは、全体のサイズ比較から。

エスティマ アエラス プレミアム-G(ハイブリッド) 全長×全幅×全高:4820×1810×1760mm ホイールベース:2950mm ミラーtoミラー:2120mm

独特のワンモーションフォルムが特徴。サイズ感は同門のアルファード/ヴェルファイアより少し小さいが、最小回転半径は5.7m及び5.9mと、あまり小回りが利く方ではない。

エスティマ アエラス プレミアム-G(ハイブリッド)
全長×全幅×全高:4820×1810×1760mm
ホイールベース:2950mm
車重:1990kg
エンジン:直列4気筒DOHC
最高出力:150ps(110kW)/6000rpm
最大トルク:190Nm(19.4kgm)/4000rpm
トランスミッション:電気式無段階変速
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.7m
JC08モード燃費:18.0km/ℓ
車両本体価格:492万8727円

オデッセイ ハイブリッド・EXパッケージ 全長×全幅×全高:4830×1820×1695mm ホイールベース:2900mm ミラーtoミラー:2150mm

全高はエスティマに比べて少し低いが、徹底した低床設計を採用しているため、室内の天地高は十分に広く確保されている。最小回転半径は5.4mで、小回り性はエスティマに勝る。

オデッセイ ハイブリッド・EXパッケージ
全長×全幅×全高:4830×1820×1695mm
ホイールベース:2900mm
車重:1860kg
エンジン:直列4気筒DOHC
最高出力:145ps(107kW)/6200rpm
最大トルク:175Nm(17.8kgm)/4000rpm
トランスミッション:ー
駆動方式:FF
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:25.4km/ℓ
車両本体価格:399万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

エスティマ アエラス プレミアム-G(ハイブリッド) 室内長×室内幅×室内高:3010×1580×1255mm

大型モニターと一体化されたセンターパネルや、マルチディスプレイ付きメーターなどを新たに採用して洗練度をアップ。左右独立温度調整式エアコンは全車に標準装備される。全車6スピーカーでオーディオレスが標準仕様だが、ナビ・オーディオは豊富な販売店オプションを用意。
2列目(シート高810mm):7人乗り仕様にはアレンジ性に長けたリラックスキャプテンシートを採用。通常のシート位置でも最大410mmのニースペースを確保可能で、頭上もかなり広い。
1列目(シート高730〜780mm):「アエラス プレミアム-G」のシート表皮には滑らかな手触りのブランノーブを採用。全車に座面のチルト調整も可能な運転席8ウェイシートが標準装備される。

3列目:大人でも常用に適う空間が確保された3列目。2列目シートを人が乗車できる範囲で最前までスライドさせると、3列目には約200mmのニースペースを生み出せる。
2列目のアレンジ:7人乗り仕様は、3列目を格納した状態で2列目シートを後方へ超ロングスライドさせることが可能。この時のニースペースは800mmと広く、アームレストやオットマンも完備されるため快適。

オデッセイ ハイブリッド・EXパッケージ 室内長×室内幅×室内高:2935×1625×1305mm

インパネをアッパーとロワの二段レイアウトにデザインするのはホンダの得意技。エスティマ同様、センターパネルには静電タッチ式パネルが採用されており、フルオートエアコンが標準装備される。一部グレードには純正インターナビが標準装備されるところも強みだ。
2列目(シート高710mm):オデッセイは大半のグレードに7人乗りと8人乗りを設定。低床設計により2列目の頭上スペースは約190mmと広く、ステップが低いため乗り降りが楽というのも特徴。
1列目(シート高640〜690mm):「アブソルート」ではないグレードの場合、写真のファブリックシートを採用。一部を除いて前後ハイトを個別調整できる運転席8ウェイパワーシートを標準装備する。

3列目:2列目のシート位置に応じてニースペースは120mmから290mmの間で調整可能。頭上空間も約50mmと必要十分だが、シート自体の掛け心地は平板な印象を受ける。
2列目のアレンジ:7人乗り仕様の2列目に採用されるプレミアムクレードルシートはエスティマと同様に超ロングスライド機構を装置。オットマンやアームレストのほか、背もたれの中折れ機構も備わる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る