MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/18
  • MotorFan編集部

「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」をトヨタが開催

企画展示のテーマは平成元年を振り返る「Japanese Vintage Year 1989」

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的に、「2018 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月17日(土)に東京・明治神宮外苑(東京都新宿区)で開催すると発表した。

 このイベントは今年で12回目を迎える。明治神宮外苑聖徳記念絵画館前の広場をメイン会場として、企画展示や走行披露のほか、一般参加のクラシックカー約100台による恒例の銀座中央通りを通過するパレードなど、多彩なプログラムを展開する予定だ。


 今年の企画展示のテーマは「Japanese Vintage Year 1989」。バブル経済の真っただ中にあった1980年代後半の日本では、各自動車メーカーが次々と新技術を採用。日本車のヴィンテージ・イヤーとも呼ばれた平成元年(1989年)に発表されたスバル・レガシィ、トヨタ・セルシオ、日産スカイラインGT-R、ホンダNSX、ユーノス・ロードスターを取り上げて、各メーカーの協力のもと企画展示で紹介する。


イベント概要は下記の通り。
開催日時:11月17日(土)10:00~15:30 入場は無料
(雨天決行 但し諸事情によりプログラムが変更となる場合あり)
会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)
イベント内容:
オープニングセレモニー
一般参加車によるクラシックカーパレード&展示
トヨタ博物館 企画展示「Japanese Vintage Year 1989」
Classic Car Circuit(CCC) クラシックカーが会場内を走行
Classic Car Studio (CCS) オーナーインタビューや会場の様子を実況 等



自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る