MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > レクサス > RC > レクサスRCがマイナーチェンジで2.0ℓターボもデザインも大いに進化!
  • 2018/11/01
  • MotorFan編集部

レクサスRCがマイナーチェンジで2.0ℓターボもデザインも大いに進化!

スポーティかつエレガントなデザインをより磨き上げ、走行性能もより進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスはスポーツクーペRCをマイナーチェンジし、全国のレクサス店を通じて10月31日に発売を開始した。

 RCは2014年の発売以来、レクサスの「エモーショナルな走り」のイメージをけん引してきた。今回発表の新型RCは、フラッグシップクーペLCで培った新世代レクサスのデザイン・走りを継承し、より魅力的なクーペに進化することを目標として開発されている。

 エクステリアは独創的かつスポーティなイメージはそのままに、LCの流れを汲むエレガントなデザインを採用。また、高い質感や快適性に加え、運転の愉しさを際立たせるようインテリアもモディファイされた。さらに空力性能の向上やタイヤ、サスペンションなどの主要部品の改良、2.0ℓターボエンジンの特性、ステアリングフィールなどを見直し、ドライバーの運転操作に忠実な高い操縦安定性と、フラットな車両姿勢や滑らかな走りによる優れた乗り心地を実現している。

 フェイス部分はヘッドランプから下に伸びるバンパーコーナーの造形や、上下で開口比率を徐々に変化させたメッシュパターンのスピンドルグリルなど、特徴的なデザインを新採用。超小型三眼LEDヘッドランプユニット(“version L”に標準設定。“F SPORT”にオプション設定)を縦方向に配置し、L字型LEDクリアランスランプを組み合わせることで、新型RC独自の精悍かつエレガントな表情を作り出した。

 リヤは、バンパーコーナーにエアダクトを設け、操縦安定性にも寄与。タイヤの踏ん張りを強調する造形とし、リヤコンビネーションランプもL字がより際立つデザインとしている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る