MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/02
  • 「東新宿交通取締情報局」

レーダー探知機の効かない新規オービスが栃木県の国道4号上下線に、出現!【交通取締情報】

新設オービスが新品じゃない理由も検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加
北関東~東北地方の幹線道路、国道4号線の那須塩原市付近に、上下線をにらむLHシステムが新設された!

上下線ともにネライは追い越し車線のみ!

下りは「那須塩原市下厚崎」歩道橋通過後の左カーブ先!
上りは「那須塩原市豊浦」歩道橋から750m先。

☆新規オービスDATA
1.
場所:栃木県那須塩原市豊浦
道路:国道4号線(黒磯バイパス)
方向:白河市方面(下り)
制限速度:60km/h
種類:LH
速度測定方式:ループコイル式
2.
場所:栃木県那須塩原市豊浦
道路:国道4号線(黒磯バイパス)
方向:矢板市方面(上り)
制限速度:60km/h
種類:LH
速度測定方式:ループコイル式

 警察の「無人取締機」によるスピード取り締まりに関わる効果やコストの見直しで、最近は制限速度違反を取り締まる固定式オービスの新設ペースが鈍っている。が、とはいえ、警察が人手のいらない自動速度違反取締装置である固定式オービスのメリットを簡単に捨てるわけはない。すでに耐用年数を超えた、旧型ループコイル式やHシステムを含むレーダー式は撤去される一方だとしても、まだまだ現役バリバリのLHシステムに限っては、例えば、位置を覚えられ、効果の上がらなくなった場所から移動させることも視野に入れているハズだ。

 実は、今回、栃木県那須塩原市に新設されたLHも、よく観察してみると、全くの新品とは思えない。もしかすると、すでに撤去済みの新設地点の南、約30km/h地点の東北道矢板IC近くに設置されていたLHを移動させたのではないかという推測も成り立つ。当然、新品を設置するよりも大幅なコストダウンが図れることは言うまでも無い。そう考えると、旧型やHシステムならともかく、まだ十分に戦闘力を持つ矢板のLHが何故撤去されたのか? という疑問も氷解するというものだ。

 ま、そんな警察の事情はさておき、当分の間、黒磯バイパスを走るドライバーにとって、脅威となることは間違いない。夜は特に、事前の警告板を見逃しがち。行きも帰りも十分、注意しよう!

オービスの種類解説や最新交通取り締まり情報はこちら!⇑

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る