MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ルノー > ルーテシア > 大きいのはどっち? ルノー・ルーテシアR.S.とトヨタ・ヴィッツGR 王道Bセグメントホットハッチ サイズ比較
  • 2018/11/04
  • 遠藤正賢

大きいのはどっち? ルノー・ルーテシアR.S.とトヨタ・ヴィッツGR 王道Bセグメントホットハッチ サイズ比較

ルノー・ルーテシアR.S./トヨタ・ヴィッツGR

このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー・ルーテシアR.S.
F1を始めとする数々のモータースポーツで勝利してきたレーシングコンストラクターであり、またその中で培った技術を取り入れた市販モデルを開発するブランド、ルノー・スポール(R.S.)。「もっといいクルマづくり」を目指すガズーレーシングカンパニーが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースや全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した、トヨタの新しいスポーツカーシリーズ「GR」。両者がそれぞれのBセグメント5ドアハッチバック車をホットに仕立てた2台、「ルノー・ルーテシアR.S.」と「トヨタ・ヴィッツGR」のサイズ、最小回転半径、荷室の広さなどを比較してみよう。

 CASE(つながるクルマ、自動化、シェア、電動化)技術の普及・進化が急激に発展する一方、「意のままに操る」という自動車のプリミティブな楽しさを追求したホットハッチも近年、各メーカーが続々ニューモデルを投入し力を入れ始めている。

 その中で、ベース車のデビューが比較的古参な「ルノー・ルーテシアR.S.」と「トヨタ・ヴィッツGR」、果たしてそのサイズの違いは? 両車とも日本仕様のスペックで比べてみた。

ルノー・ルーテシアR.S. 全長×全幅×全高:4105×1750×1435mm ホイールベース:2600mm トレッド:フロント1500/リヤ1505mm

トヨタ・ヴィッツGR 全長×全幅×全高:3975×1695×1490mm ホイールベース:2510mm トレッド:フロント1465/リヤ1450mm

 ヨーロッパ、特に本国フランスが圧倒的な主戦場となるルーテシアは、Bセグメント5ドアハッチバック車の中でもいち早く、2005年デビューの先代3代目から全幅1700mm超の幅広サイズとなっている(現行4代目の本国デビューは2012年)。

 一方で欧州(ヤリス)のみならず日本市場の比重も高いヴィッツは、2010年デビューの現行3代目においても5ナンバーサイズを堅持。全長も4m未満に抑えられており、全高以外はルーテシアより一回り小さい。日本の道路環境で使い勝手に優れるのは無論後者だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る