MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/03
  • Motor Fan illustrated編集部

SKYACTIV-X(スカイアクティブX)エンジン搭載!登場まで秒読み。マツダ・アクセラ(MAZDA3)の次期型を予想する

11月30日開幕のLAオートショーでデビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月30日に開幕するロサンゼルス・オートショー2018。ここで、マツダの主力モデルである「マツダ3」の新型がデビューする。日本名「アクセラ」である。

 アクセラのグローバルでのモデル名は「MAZDA3」。そのアクセラの次期型が11月30日に開幕するLAオートショーでワールドプレミアされる。
 このアクセラ、マツダの今後を占う重要なモデルだ。SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ-Vehicle Architecture)を採用し、エンジンには革新的なSKYACTIV-X(スカイアクティブX)を搭載、デザインは魂動デザインの次世代デザインを採用。前回の東京モーターショーに登場した「マツダ 魁 CONCEPT(マツダカイコンセプト)」がベースになる。

 まずは、現行のアクセラと魁 CONCEPTを比べてみよう。

現行マツダ・アクセラ
アクセラスポーツ 全長×全幅×全高:4470×1795×1470mm ホイールベース:2700mm
マツダ 魁 CONCEPT(マツダカイコンセプト)

 魁 CONCEPT(マツダカイコンセプト)のボディサイズは不明だが、現行アクセラと比べて、ホイールベースが長く、前後のオーバーハングが短く見える。

 上のBIW(ボディインホワイト)は、次期アクセラが採用するSKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ-Vehicle Architecture)で、次期アクセラとかなり近いもの、ということだった。
 リヤサスペンションは、現行のマルチリンク式からTBA(トーションビームアクスル)に変更される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る