MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/09
  • MotorFan編集部

世界初公開のホンダCBR500R・CB500F・CB500X。日本では400cc版で発売予定!

【EICMA2018/HONDA】

このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリアのミラノで開催中のEICMA2018(ミラノショー)のホンダブースには、直列2気筒500ccエンジン搭載の3モデルが登場。世界初公開となる「CBR500R」「CB500F」「CB500X」は三車三様の個性派に仕上げられている。
REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

日本では「CBR400R」や「CB400X」として発売予定

 発売以来、軽快な走行フィールで好評のホンダ直列2気筒500ccエンジン搭載モデル。今回、世界初公開となった3モデルは、ストリートで多用する3,000〜7,000rpmにおいて力強いトルク特性を実現するなど、さらに熟成が図られた。

 また、新タイプのリヤサスペンションとアシストスリッパークラッチに加え、フルLEDの灯火器や新型のデュアルマフラーなど、3モデルにそれぞれ個性を持たせているのがポイントだ。

●CBR500R

 よりシャープなスタイリングを採用することで、CBR1000RR Firebladeのイメージを強調。またスポーティなライディングポジションは、アグレッシブな走りを可能にする。日本では普通自動二輪免許でも運転できるよう、排気量をダウンし、CBR400Rとして発売予定。

●CB500F

 フロントからリヤまでシャープなラインで構成したスタイリングを実現。ロードスターモデルとして、さらにスポーティな走りを追求。

●CB500X

 フロントに大径の19インチホイール&タイヤを新たに採用。また、前後サスペンションのストロークを伸長するなど、アドベンチャーモデルのイメージをアップ。日本では普通自動二輪免許でも運転できるよう、排気量をダウンし、CB400Xとして発売予定。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る