MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/09
  • MotorFan編集部

新型アクセラにもセダンはある! マツダがロサンゼルスで世界初公開する新型「Mazda3」はどこまで魁CONCEPTに近いか。

スカイアクティブX搭載の期待のニューモデル登場まであとわずか

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型「Mazda3」のティーザー画像。
マツダは、11月30日に開幕するロサンゼルス自動車ショー(LAショー)で、新型Mazda3を世界初公開すると発表した。期待の新モデルのティーザー画像が公開されている。ここからなにが読み取れるだろうか?

 マツダがロサンゼルスで、革新的なエンジン、スカイアクティブXエンジンを搭載する次期アクセラの発表をする、というのは以前からわかっていたことだ。新しいプラットフォーム、スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャー(SKYACTIV-Vehicle Architecture)を採用する、マツダにとって新世代商品群の幕開けとなる重要なモデルである。

2017年の東京モーターショーで公開されたマツダの魁(KAI)コンセプト。

 次期アクセラが魁(KAI)コンセプトベースのデザインになることはすでに知られているが、公開されたティーザー画像と魁コンセプトをまずは比較してみよう。


 とその前に、マツダから出たプレスリリースをじっくり読んでみよう。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、2018年11月30日から12月9日まで開催されるロサンゼルス自動車ショー*において、新型「Mazda3」を世界初公開することを発表しました。
新型Mazda3は、日本の美意識の本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用。また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」や、さまざまな走行シーンで意のままの加減速を可能にする最新の「SKYACTIVエンジン」などを搭載し、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させています。
マツダは、この新型Mazda3から新世代商品の幕を開け、新たな次元の「走る歓び」をお客さまにお届けします。

 あれ? どこにも「アクセラ」と書いていない。あくまでも登場するのは「新型Mazda3」であって「新型アクセラ」ではないのだ。
 ためしに過去のリリースを見てみよう。
 これは2018年2月にマツダが出したリリースの文章だ。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、商品改良した「Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)」のワゴンモデルを、3月6日から18日まで開催されるジュネーブモーターショー*1において、世界初公開いたします。

 ちゃんと「Mazda6(日本名:マツダアテンザ)」と書いてある。

 念のため、もうひとつ見てみよう。これは2017年のLAショーでのプレスリリースだ。

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、商品改良した「Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)」のセダンモデルを、12月1日から10日まで開催されるロサンゼルス自動車ショー*1において、世界初公開することを本日発表しました。

 やっぱり「Mazda6(日本名:マツダアテンザ)」と書いてある。


 ということは……間もなく発表されるニューモデルは「Mazda3」であって「アクセラ」ではないのか? まさかそんなことはないはずなので、順当に考えると、日本名はないということなのだろう。つまり、次期アクセラ=「Mazda3」。日本名もMazda3(マツダ3)になることを示唆しているのではないか? 深読みしすぎかもしれないが。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る