MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/13
  • MotorFan編集部

【ベスパ】セイジョルニは新エンジン、プリマベーラは新色、スプリントは……。

【EICMA2018/VESPA】

このエントリーをはてなブックマークに追加
EICMA2018で公開されたVESPAの3シリーズを紹介。クラス最強レベルのパワーを発揮する、ピアッジオ渾身の強心臓・HPE(ハイパフォーマンスエンジン)を得て魅力の増したセイジョルニ。そしてプリマベーラとスプリントはカラフルな設定でアピール!
REPORT●大家伝(OYA Den)

 イタリア語で「6日間」を意味するセイジョルニだが、EICMA2018では新型300hpeエンジンを搭載してお披露目された。このセイジョルニは1951年製のプロダクションレーサーモデルをモチーフとした現代版スポーティモデルであり、デビュー早々から話題となっていたモデルだ。LEDライトやハニカムモチーフのグリルデザインといった多くのアップデートが施され、とくに17.5 kW(23.79PS)を発揮するエンジンスペックはセイジョルニにとって最大のトピックだろう。

Primavera

 50周年を迎え、世界で最も愛されているベスパの言わばスタンダードモデルがプリマベーラだ。今回のEICMA2018では、カラー設定を一部変更してお披露目された。
 ベーシックラインとなるプリマベーラでは、50年前のデビュー当時を再現したかのような「Verde Relax metallic livery」が一際目を惹く。これに加えて「Bianco Innocenza」、「Nero Vulcano」、「Rosso Passione」、「Blu Energia」といった5色で展開。

 プリマベーラツーリングは、シティコミューターの枠を越えた長距離移動を連想させるモデル。ベスパでは旅のイメージを具現化したツーリングモデルの設定に実績を持つが、今回は既存の「Rosso Vignola」に加えて「Verde Bosco」を新設定。
プリマベーラSは、デジタル機器クラスターとフルカラーTFTディスプレイ(50cc以上のバージョン)を備えたスポーティバージョン。今回は「Rosso Profondo」、「Beige Sahara」、「Blu Armonia」のままカラー設定に変更なし。

Sprint S
Sprint S

 ベスパのスモールボディファミリーでは最もスポーティな位置づけとなるスプリントだが、EICMA2018では「Bianco Innocenza」、「Nero Lucido」、「Rosso Passione」、「Giallo Estate livery」の4色で展開。

 スプリントSは、50cc以上のバージョンにTFTディスプレイを搭載。新たにダブル布張りを施したヒートシールライダーサドルを採用し、赤と黒のサイドグラフィックと合わせてよりスポーティなルックスとしている。今回は「Grigio Titanio」、「Grigio Materia」、「Blu Vivace」の3色で展開。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る