MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > カローラ > 新型カローラセダンが広州国際モーターショーでワールドプレミア!
  • 2018/11/16
  • MotorFan編集部

新型カローラセダンが広州国際モーターショーでワールドプレミア!

TNGAによる低重心とスポーティなフォルム、走りの基本性能を大幅にアップした注目モデルは2019年から日本を含む世界150ヵ国で発売。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタは11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーで、新型カローラセダンを世界初披露した。GA-Cプラットフォームをベースに、アクティブさを強調したスポーティモデル(北米、中国「レビン」、日本など)と、堂々とした上級感を表現したプレステージモデル(中国「カローラ」、欧州など)の2タイプを設定する。

 基本性能を大幅に向上させたGA-Cプラットフォームを採用した新型カローラセダンは、19年春に米国・欧州で販売を開始。その後19年央以降に発売する中国など、世界150以上の国・地域で順次発売していく予定だ。日本ではスポーティモデルのカローラをベースに、日本の顧客が求める道路環境に合わせ最適化した専用仕様のセダンとワゴンを19年内に発売する予定となっている。

新型カローラ(スポーティモデル)
新型カローラ(欧州プレステージモデル)

 開発責任者の小西良樹氏は「見てカッコよく、乗って、走って楽しいクルマ、を目指して開発しました。また、クルマ本来の楽しさだけではなく、新たな価値を生み出すつながる機能として『コネクティッド』も拡充することで、世界中のお客様のモビリティライフを豊かにするクルマにしていきたいと考えています。世界中に数多くのお客様がいるカローラシリーズは、トヨタがTNGAの取り組みを通じて進めてきた『もっといいクルマづくり』の成否を占う重要なクルマだと考えています。お客様には、トヨタのクルマづくりが変わったことを必ず実感いただけると確信しています」と語った。

中国向けの新型レビン
中国向けの新型カローラ

 エクステリアのコンセプトは、「シューティング・ロバスト」(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)。TNGAプラットフォームの採用により、現行型より全高を低く、トレッドを広げることで、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを実現した。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る