MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/17
  • CAR STYLING編集部

広州モーターショーで発表! トヨタ新型カローラ&レビン そのデザインの狙いはズバリ空力

広州モーターショー現地レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
手前がレビン。奥がカローラ。ウインドウがブラックアウトされているが、間違いなく量産に近いモデルと思われる。
これまでカローラは仕向け別に作り分けられていたが、ここにきて共通化された単一のワールドカーになることがわかった。全幅は1780mmと、とうとうカローラも3ナンバーか、といった複雑な思いはあるが、まずはその狙いをデザインから見てみよう。
TEXT & PHOTO◎CARSTYLING編集部 松永大演
滑らかなフォルムは、強い押し出しの見られない造形ながら安定感がある。

 全体を見回して何よりも印象的なのは、普通にかっこいいこと。デザインが比較的シンプルで嫌味がなく、洗練されスッキリしている。しかしながら最大の特徴は最近のトレンドとは、ちょっと異なるリヤエンドを高くしたクラウチングスタイルをしていることだ。リヤを高くして空力をできるだけよくしたいという思いが込められているように感じられる。
 しかしサイドビューを眺めてもしっとりと安定感ある佇まいを見せるのは、ある造形によるところが大きい。それがルーフからCピラーを抜けリヤエンドに抜けるラインだ。トランク部分で下がっていくことと、併せてサイドのラインが後方で消えていくことによって、リヤデッキを下げて見せている。これが全体的に見ると安定感あるフォルムに感じられるのだろう。
 このラインに気がつくと、もう一つ面白いことがわかる。それがルーフの長さだ。

もっともキモなるのがCピラーの造形。絶妙なラインを入れることで、フォルムを形作っている。

 Cピラーの白く見えるハイライト部分で造形を感じてしまうが、実際のルーフ後端はもっと後ろであることがわかるはず。これでルーフを長くし空力に良いといわれるロングルーフを実現。一方では功績の頭上空間も確保できる。
 ところが全体のフォルムとしてはサイドウインドウの形とCピラーの印象から、前方にボリュームのあるスポーティな見栄えとなっている。カローラ&レビンの最大の特徴はここにあると言えるのではないだろうか。
 しかし実際には、空気の下面周りの流れ、エンジンルームやホイールハウス内の流れなど、並々ならぬ努力が払われたものと思われる。

カローラのフロントビュー。CH-Rなどにも通じるような押し出し感が印象的。
より低重心に見せるレビンのフロント周り。大きなグリルにあまり注目がいかない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る