MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/18
  • AUTOSPORT編集部

世界ラリー選手権WRC:トヨタ、1999年以来のマニュファクチャラーズタイトル獲得。タナクはリタイア、ラトバラがシーズン初優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

 WRC世界ラリー選手権第13戦オーストラリアは11月18日、SS19〜24が行われ、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が2018年シーズン初優勝を達成。エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合4位に入り、トヨタはシリーズ復帰2年目で1999年以来となる通算4度目のマニュファクチャラーズタイトルを獲得した。

 前日、総合首位だったオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)は最終SS直前のSS23でリタイアしたため、シリーズチャンピオン獲得はならず。総合5位に入ったセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)がシリーズ6連覇を達成している。

 2018年シーズン最終戦となるラリー・オーストラリア。この週末は雨予報が出されており、競技最終日は前日夜に降った雨の影響で滑りやすいコンディションのなかで争われた。

 この滑りやすいコンディションに足元をすくわれてしまったのが、総合首位につけていたタナク。SS20の左コーナーでバランスを崩すと、アウト側の茂みに飛び出してしまう。「ギアがリバースでスタックしてしまった」というタナクは20秒近くをロスして、総合2番手に後退してしまう。

 さらにタナクは最終SS直前のSS23走行中に立ち木にヒットしてストップ。フィニッシュ地点まで走りきれず、ここでリタイアすることになってしまった。

 タナクに代わってトップに浮上したラトバラは、SS19、21でステージ優勝を飾ると32.1秒のリードを持って最終ステージへ。SS23ではリヤバンパーがなくなるアクシデントがあったものの、最終SS24も危なげなく走りきり、ラトバラが2017年2月に行われた第2戦スウェーデン以来となる総合優勝を飾った。

 総合2位はヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC)、総合3位はマッズ・オストベルク(シトロエンC3 WRC)が獲得している。

 チャンピオン争いでは、タナクがSS23でリタイアしたほか、総合8番手だったティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がSS22でコースアウトし立ち木に衝突。リタイアを余儀なくされた。

 ライバルが相次いでクラッシュしたこともあり、ランキング首位で臨んだオジエは最終ステージを待たずにシリーズチャンピオンを獲得。2013年から6年連続のドライバーズチャンピオンに輝いた。

 SS24を走り終えたオジエは「リエゾン(移動区間)でふたりがリタイアしたと聞いたから複雑な心境だったけど、この結果(シリーズ6連覇)を誇りに思うし、今シーズン、チームは素晴らしい仕事をしてくれた。彼らも誇りに思うよ」と喜びを語っている。

 マニュファクチャラーズチャンピオン争いは、ポイントリーダーとして臨んだトヨタ陣営が優勝と4位入賞を果たしてライバルを上回ったため、シリーズチャンピオンを獲得。トヨタは2017年のシリーズ復帰から2年目で、トヨタ・カローラWRCで挑んだ1999年以来となる通算4度目のマニュファクチャラーズチャンピオンとなった。

 このラリー・オーストラリアで2018年のWRCは全戦が終了。全14戦で構成される2019年シーズンは、2019年1月24〜27日に行われる第1戦モンテカルロで開幕する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る