Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. クライスラー・ジープ|CHRYSLER JEEP
  4. ジープ・コンパス

JEEP COMPAS Driving Impression ジープコンパス:FFでもシャシー性能にまったく不足はなし!アメリカファーストらしからぬ懐深さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LONGITUDE

旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「ジープ・コンパス」の一部を抜粋してご紹介。

レポート=佐野弘宗[本文]/工藤貴宏[写真解説] フォト=宮門秀行

欧州×米国の美点が融合 安全装備と情報機能も充実

 ジープではスモールなレネゲードとミドルなチェロキーの中間に位置するコンパスは「コンパクトSUV」だそうだが、日本人の感覚ではコンパクトというには立派過ぎる感もある。ただ、そのサイズは北米でも小さ過ぎず、日本や欧州でも取り回しやすく、さらに新興国では家族向けファーストカーとしてもイケる……とグローバルにおける最大公約数的なもので、最近はこのサイズのSUVが大流行している。実際、コンパスは世界4拠点で生産されて、最終的には100ヵ国以上で販売予定という。つまり、これはジープ随一のグローバル戦略商品なのだ。

 そんなコンパスの商品力はさすが、どこの国でもスキのなさそうなバランス派である。ジープの旗艦でもあるグランドチェロキーを思わせるデザインに、室内空間や荷室もほどほどに実用的。操縦性や乗り心地もグローバルな欧州テイストに、アメリカンなユルさがほどよく散りばめられている。海外ではレネゲード同様の1.4ℓターボもあるコンパスのエンジンだが日本仕様は全車2.4ℓ。フィアット500X/レネゲード由来の基本フィジカル能力は十二分に高いので、FFでもシャシー性能にまったく不足はない。

 さらに、自動ブレーキ技術やインフォテイメント機能が充実しているのもさすがの国際基準。特に日本仕様のナビが多機能な車載システムにきちんとインテグレートされている点は、日本におけるジープの(多いとはいえない)販売台数を考えると、なかなか良心的である。

中央には全車ともタッチ式ディスプレイを組み込むが、グレードにより7インチもしくは8.4インチとサイズが異なる。「LONGITUDE」以上はナビが標準で組み込まれ、他の仕様はオプション装着だ。メーターにも大型液晶を内蔵。
後席シート高:680mm
前席助手席シート高:720mm

 ジープとしては珍しくAピラーの傾斜が強く、フロントウィンドウがドライバーに迫ってくる感覚がある。前席はサイドサポートが大きく硬いが、幅はゆったりとしている。後席は、このクラスとしては足元が広いのが自慢。ファミリーユースにも推奨できる。

フロントがジープのフラッグシップモデルであるグランドチェロキー似なのとは対照的に、リヤはオリジナリティが強い。現行モデルは先代よりも車体がひとまわり小さくなり、世界的トレンドとなっているコンパクトSUVの直球的ボディサイズとなった。

LONGITUDE
全長×全幅×全高(㎜):4400×1810×1640
ホイールベース(㎜):2635
トレッド(㎜)前/後:1550/1540
車両重量(㎏):1490
エンジン種類:直列4気筒SOHC
総排気量(㏄):2359
最高出力(kW[㎰]/rpm):129[175]/6400
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):229[23.4]/3900
燃料タンク容量(ℓ):60(レギュラー)
トランスミッション形式:6速AT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:225/60R17
最小回転半径(m):5.7
JC08モード燃費(㎞/ℓ):11.9
車両本体価格:351万円

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ