MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/26
  • MotorFan編集部

マツダファンフェスタ名物! 参加オーナーによる「ミリ単位駐車」が凄い!! パドックの風景は、マツダ787Bのデモランと並ぶインパクト!?

モノ造り体験では、鋳造でスタンプが作れるチャンスも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
11月24〜25日、快晴に恵まれた岡山国際サーキットでは、マツダの祭典「マツダファンフェスタ2018 in 岡山」が開催された。熱気溢れる会場は、マツダ車とマツダファンに埋め尽くされ、多くの人たちの記憶に残るイベントとなった。

マツダ車をより輝かせる、整列が美しい「車種別ゾーン」

 パドックに駐車してあるクルマが凄かった!  まるで二枚の鏡を向き合わせてクルマが何層にも映し出されるかのごとく、奥行きのある景色がどこまでも、延々と続くのである!!

「マツダファンフェスタ2018 in 岡山」の車種別のゾーンはとても美しかった。参加したマツダ車のオーナーたちが、まさに“展示”する気持ちで駐車していたのだ。少しでも角度がずれたりすると、このようにはならない。「ミリ単位」の神業である。

 究極の写真がコチラ!  AZ-1のオーナーは、一糸乱れぬ技を見せて来場者から熱い視線を集めていた。本誌は独断と偏見で「ミリ単位パーキング最優秀賞」を贈呈したい!!

サーキット内のミニコースでは、モノ造り体験コーナーを満載



 このイベントの魅力はまだまだたくさんある。

 9月に富士スピードウェイで開催された「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」が関東最大のマツダファンイベントだったのに対し、この「マツダファンフェスタ2018 in 岡山」は関西エリア最大のイベントである。もともとマツダのファンイベントは岡山国際サーキットでスタートしており、ある意味ではこちらが“本家”と言えるだろう。

 今年はミニサーキットのパドックに「Be a driver. Experienceゾーン」を設置したのが特徴だ。これは、マツダが持つ最新テクノロジーやモノ造りに賭ける情熱を分かりやすく伝えるもの。見るだけでなく「体験」できるコーナーがたくさんあり、なかでも鋳造作りを体験しながらオリジナルのスタンプをお土産にできるアトラクションが注目を集めていた。

【解説】鋳造の作り方を見てみよう!

 鋳造スタンプ作りは、まず「砂型」を作るところからスタートする。文字が刻印してある「型」に根気よく、ジックリと隙間なく砂を詰めていく。砂を詰め終わったら余分な砂を削って、左右にぶれないように型を抜く。するとスタンプの文字となる部分が表れる。この凸凹となった砂型に錫(すず)を流し込み、温度が下がるのを持つ。冷めたのを確認し、スタンプ面に軽くヤスリをあてるとスタンプが完成する。およそ15分の体験だった。

 もちろん参加は無料。専用の道具が用意してあり、簡単に鋳造の体験ができる。マツダスタッフの分かりやすいレクチャーがあるので、もし次の機会があったら皆さんも体験してほしい。




自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る