MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/16
  • モト・チャンプ編集部

スーパーカブC125をマニアな目線で分析 ♯2【全バラにしてみた】

保存版! 外装の分解手順も大公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッグシールドの外し方

レッグシールドの脱着はカブのメンテに欠かせない!ってなわけでここでは取り外し方を伝授。パーツ点数が多く、各パーツの精度も非常に高いので無理に外そうとすると、ツメがパキッと折れてしまうので要注意!

01 まずはプラスドライバーでレッグシールド内側のカバー二つを外そう。メッキカバーは左下側にボルトがあるので注意。
02 フロントエンブレムも忘れずに!こちらはツメだけで固定されているので、パコっと外れるぞ。
03 シート前下位置にあるカバーを取り外す。こちらもプラスドライバーだけでOKだ。
04 レッグシールドの隙間にあるプッシュリベット(計4個)を細長いドライバーなどを使って外す。
05 5㎜の六角レンチでレッグシールドのボルト2か所とサイドカバーの前部分のボルト1か所を外す。
06 シート下の両サイドカバーを開きながら、レッグシールドを引き上げれば外れるぞ。ツメがしっかりと掛かっているので慎重に!

リヤを外せば脱着がスムーズ!


レッグシールド後端が引っかかって外れなそうな場合は、サイドカバーも外しましょう。シート下の燃料タンクカバーの裏側にあるプラスネジとリヤフェンダー裏側の+ネジ(下)&プッシュリベット(上)を左右すべて外せば、サイドカバーが外れて、レッグシールドを抜き取りやすくなるぞ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る