MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/03
  • GENROQ編集部

4ドアクーペのEV、アウディe-tron GT conceptがLAモーターショーでデビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロサンゼルス・モーターショーでe-tron GT conceptが展示された。590psのシステム出力を発揮する流麗な4ドアクーペは、2021年の市販化を予定しているという。

 アウディの電気自動車、e-tron。このe-tronの新たなコンセプトカーがロサンゼルス・モーターショーに出展された。それが4ドアクーペボディの「e-tron GT ooncept」だ。

 流れるようなルーフラインを持つ流麗なボディは、大きく張り出したワイドなフェンダー、22インチのホイール、ボディ同色にペイントされたシングルフレームグリルなど、非常にマッチョでスポーティ。EVのイメージを変えてしまうほど、力強さに溢れている。

 モーターは前後に搭載され、システム出力は590ps。それぞれのモーターが前後のタイヤを駆動するAWDで、さらに左右間のトルクを可変するトルクベクタリング機能も備える。0-100km/h加速は3.5秒、200km/hまでも僅か12秒で到達するという。

 リチウムイオンバッテリーは900kWh以上の容量を持ち、フロア下に搭載される。このレイアウトのおかげでe-tron GTの重心は非常に低く保たれる。0.3G以下の減速では従来のブレーキは使用せず、常に電気モーターによるエネルギー回生で行われる。これはすべての減速の90%以上に相当、つまりほとんどのブレーキ操作においてエネルギーがバッテリーに戻されることになる。

 バッテリーへの充電はケーブルによるほか、非接触充電も可能。駐車場所の床に充電パッドを設置すれば、e-tronを駐車するだけで充電できる。だが出力が11kwの場合で満充電になるのに一晩かかるなど、やや時間がかかってしまう。

 800V充電を使用できる有線の場合ははるかに早く、僅か20分でバッテリー容量の80%まで充電が完了する。航続距離はWLTPモードで400km以上を実現するが、そのために最高速度は240km/hに抑えられている。

 アウディは2018年9月にSUVのe-tronの生産を開始。19年にはe-tron sportbackも登場予定とされ、25年には販売台数の約1/3を電動化モデルにする予定だという。今回ロサンゼルモーターショーで公開されたGT conceptは20年に正式発表され、21年にデリバリーを行う予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る