MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/06
  • ニューモデル速報

ポルシェが開発に携わったアウディ【Audi RS2を知っているか?】

Audi RS2 Impression from Editor's room

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代へと脈々と受け継がれているDNA

 まだ新車の匂いすら漂っていそうなほど綺麗に保たれたコクピットに乗り込む。6速MTはゲート感が明確で、スルッと1速に入る。

 強烈なスペックを誇りながらも当然ながらESPなどの電子デバイスを持たない。クワトロシステムを介するとはいえ、現代の最新技術に甘やかされた腕には、ちょっと手に負えないシロモノかも……と恐る恐るクラッチをつなぐと、アイドリングのままとくにエンジンがガクガクすることもなくスーッとボディが前に出た。

 そのまま2速、3速とシフトアップする。貴重なビンテージモデルだけに床まで踏め付けるような真似はできないが、とにかく各ギヤでの伸びやかで力強い加速が印象的だ。そして乗り心地もすばらしく、けっして滑らかとは言い難い田舎道でも、サスペンションが見事に雑味を濾過してくれる。

エンジンのヘッドカバーやリヤのエンブレムには、PORSCHEの文字が誇らしげに刻まれる。

 いくらアウディスポーツGmbHが直接メンテナンスをしている優良な個体とは言え、四半世紀も前のクルマが、現代の感覚でもまったく問題なく乗れるどころが、十分に一級品と感じられるパフォーマンスを見せることには感嘆せざるを得ない。

 そしてそれが、居住性やユーティリティ性にも優れたアバントボディで実現されているところに、現代のRSモデルとの血脈を感じさせる。この試乗の前後には、2019年には日本にも上陸する予定の最新RS4で移動していたのだが、RS4からRS2へ、そしてRS2からRS4に乗り換えたときにも、違和感はまったく覚えなかった。

 現代のRSモデルにRS2のDNAが脈々と受け継がれていることを、強く感じさせられたのである。


「Audi Sportのすべて」12月6日(木)発売!
アウディスポーツGmbHが手掛けるR8 & RS系モデルを完全網羅! ドイツ本国での徹底取材による盛りだくさんの内容です。アウディスポーツのすべてを知るにはこの一冊しかありません。

定価:1111円+税

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る