MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > CR−V > ホンダ・CR-Vとスバル・フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?
  • 2018/12/12
  • MotorFan編集部

ホンダ・CR-Vとスバル・フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ホンダ・CR-V vs スバル・フォレスター トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
CR-V EX・Masterpiece
人気のSUVのなかでも、もはや定番と言っていい人気を誇るのがスバル・フォレスター。対してホンダCR-Vは、グローバルで考えれば、ホンダを代表するSUVである。1.5ℓターボと2.0ℓハイブリッドを引っさげて2年ぶりに日本市場に戻ってきた。ここでは、定番フォレスターとCR-Vのラゲッジスペースを比較してみよう。
フォレスター X-BREAK

 日本のみならず北米でも人気が高い新型スバル・フォレスター。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用した新型フォレスターは、2.5ℓ水平対向4気筒、2.0ℓ水平対向4気筒+Eモーターのマイルドハイブリッドシステムの2種類のパワートレーンをラインアップする。新しいプラットフォームの恩恵は、その走りだけでなく、ラゲッジスペースにも現れている。
 対するホンダCR-Vは、ホンダを代表するSUV。新型CR-Vは、日本での発売を前に北米、中国ですでに大ヒットを記録している人気モデルだ。グローバルで認められるホンダのSUVであるCR-Vの実力を、ラゲッジスペースから見てみよう。


スバルは5万6782台!フォレスターとアセントのおかげで過去最高の11月セールスを記録

CR-V EX・Masterpiece 全長×全幅×全高:4605×1855×1680mm ホイールベース:2660mm ミラーtoミラー:2115mm

先代からホイールベースを40mm、トレッドを前35mm/後50mm拡大。居住性を高めるとともに、踏ん張り感のあるスタンスを実現した。ガソリン車には同一パッケージで7人乗りも設定。

CR-V EX・Masterpiece
全長×全幅×全高:4605×1855×1680mm
ホイールベース:2660mm
車重:1560kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1496cc
最高出力:140kW(190ps)/5600rpm
最大トルク:240Nm(24.5kgm)/2000-5000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5
JC08モード燃費:15.4km/ℓ
車両本体価格:359万1000円

フォレスター X-BREAK 全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm ホイールベース:2670mm ミラーtoミラー:2070mm

全長とホイールベースの数値は新型CR-Vに近い一方、全幅と全高は大きく異なる。最低地上高も220mm確保されており、フォレスターが悪路での走破性に強みを持つことが伺い知れる。

FORESTER X-BREAK
全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm
ホイールベース:2670mm
車重:1530kg
エンジン:水平対向4気筒DOHC
排気量:2498cc
最高出力:136kW(184ps)/5800rpm
最大トルク:239Nm(24.4kgm)/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.4
JC08モード燃費:14.6km/ℓ
車両本体価格:291万6000円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

CR-V EX・Masterpiece 室内長×室内幅×室内高:1970×1550×1185mm

ボリューム感のあるインパネやユーティリティに優れるセンターコンソールを採用。SUVならではの逞しさや使い勝手のよさが両立されている。全車にHondaインターナビやマルチインフォメーション・ディスプレイが標準装備されるなど、内容も充実。
リヤシート高:720mm 後席のニースペースは約270mmと極めて広く、頭上空間も約120mmと、かなりゆとりがある。
フロントシート高:690〜760mm 「Masterpiece」は本革シートを採用。座り心地にはカチッとした硬質感があり、全体的には重厚な高級感ともいえるムードが漂う。

フォレスター X-BREAK 室内長×室内幅×室内高:2110×1545×1270mm

水平基調で左右対称なインパネデザインはスバルの伝統芸。メーターとダッシュボードの中央にマルチディスプレイを備え、アイサイトなどの機能表示に対応する。フルオートエアコンは全車標準装備だが、ナビゲーションは販売店オプションとして設定。
リヤシート高:720mm 後席スペースは膝前が約230mm、頭上が約130mmと広い。
フロントシート高:650〜700mm 「X-BREAK」は先勝の撥水ファブリック/合成皮革のコンビシートを採用。レッドオレンジのステッチが特徴だ。前席だけでなく後席にもシートヒーターが標準装備される。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る