MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/12
  • MotorFan編集部

ホンダ・CR-Vとスバル・フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ホンダ・CR-V vs スバル・フォレスター トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

CR-V EX・Masterpiece

通常時:高さ840mm 奥行き960mm
後席格納時:最小幅1010mm 最大奥行き1920mm

開口高が低く、フロアも低い位置にあるのが特徴。ガソリン車の場合は高さ調整可能なフロアボードを下段にセットすると、荷室天地高が拡大する。上段にセットすると写真のように荷室フロアはフラットになる。後席は荷室側レバーでも格納できる。

フォレスター X-BREAK

通常時:高さ810mm 奥行き910mm
後席格納時:最小幅 1060mm 最大奥行き1880mm

縦にも横にも広い開口部とフロアを実現。「X-BREAK」には撥水カーゴフロアボードも標準装備される。ラゲッジスムーザー機能付きのため、重い荷物でも手軽に載せ降ろしできる。6対4分割可倒式の後席は、荷室のレバーで簡単に格納することができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る