MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ロールスロイス|ROLLS ROYCE
  4. ファントム

一度は乗ってみたい。運転してみたい。超高級車の世界:ロールス・ロイス ファントムの室内とラゲッジスペース

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールス・ロイスといえば、泣く子も黙る超高級車。1世紀に迫る歴史のなかでドライバーズカーとして誂えられたクーペやオープンカーも存在するが、その本流は、やはりショーファードリブンカー。今回はその代表モデルであるファントムの室内とラゲッジスペースを見てみよう。

 全長5990mm、全幅2020mmという、我々が普段運転するクルマと比較にならないほど堂々とした体躯を誇るロールス・ロイス ファントム。ホイールベースは3770mm。軽自動車が楽々そのホイールベース内に入ってしまう大きさだ。
 もちろん、大きいだけではない。すべてが超高級な室内も、一度は覗いてみたいところだ。

全長×全幅×全高:5990×2020×1645mm ホイールベース:3770mm ミラーtoミラー:2150mm

フロントグリルをはじめ、ひと目でロールス・ロイスであることを実感できるアピアランス。上品に2トーンに塗り分けられたボディも、庶民とは別世界のクルマであることを感じさせる。ステップは前後とも375mmと低いがフロアは高く感じられ、SUV的に足から乗り込む印象を受ける。ショーファードリブンにおける文化的背景の違いを感じさせる。

ロールス・ロイス ファントム
全長×全幅×全高:5990×2020×1645mm
ホイールベース:3770mm
車重:2750kg
エンジン:V型12気筒DOHCツインターボ
排気量:6750cc
最高出力:420kW(571ps)/5000rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/1700rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:−
JC08モード燃費:−
車両本体価格:6540万円

ノーズは長いが、ボンネット先端のマスコットによりノーズ位置を把握しやすい。メーターはオーソドックスな三眼タイプ、ナビ画面を格納することもできる。インパネ全幅を強化ガラスで覆ったスペースをギャラリー的に使うこともできる。エアコンはマニュアル式、キャビンの快適性はショーファーが担うというプライドを感じさせる。
フロントシート高:680mm 運転席は電動で微調整もできるが、スッと座っただけでも身体を包み込む感覚が強く、最高の仕事場といった印象を受ける。後席から見えるシートレール部などはメッキ処理され、細部に至るまでロールス・ロイスの世界観を崩さない。
リヤシート高:720mm 観音開きで後ろヒンジのリヤドアは電動開閉式。後席乗員が重いドアを操作する機会はないだろう。シートポジションは立ち気味で沿道に向けて、背筋を伸ばした姿を見せられる。Cピラー内側の鏡を使い、常に身だしなみを整えられる。
最小幅:780mm 奥行き:1320mm(中央部1110mm)

大きめのオーバーハングゆえ余裕がある。中央にはシャンパンクーラーの張り出しが見えるが、その位置でも1110mmの奥行きとなっている。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ