MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/12
  • MotorFan編集部

原チャリのサブコンチューニングってどンな感じ? エニグマで実践! ♯1

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真はマジェスティSに取り付けた例。フロントカウル右側にあるECUの配線にエニグマを割り込ませる。
http://www.dilts-japan.com

 ホンダ・モンキーやグロム、ヤマハ・シグナスXやアドレスV125Sといったエンジンチューニングの得意なFI車に欠かすことができないのがサブコン、フルコンを用いた燃調チューンだ。

 サブコンとは、純正ECU(エンジンコントロールユニット)が発する燃料噴射量や点火時期といった信号に割り込ませて、これらの一部を制御するコンピューター。
 一方のフルコンは、純正ECUに代わって、サブコンよりもエンジンを広範囲で制御するもの。

 例えばボアアップや高性能ヘッド化といったチューニングメニューが揃うシグナスXに、ディルツジャパン製サブコン「ENIGMA FIRE PLUS(ファイアープラス:32,184円〜)」を使用した場合……。



 まずは装着。外装を取り外して、ECUの配線にENIGMA FIRE PLUSを割り込ませる。ENIGMA FIRE PLUS にはRTFと呼ばれるカプラーオンタイプのモデルがあるので取り付けは簡単だ。

 スマートフォンに専用アプリ(Android OS/i OS対応)をダウンロードしたら、Bluetooth通信でENIGMA FIRE PLUSに接続し、自分で作成した点火マップに書き換える、といった流れとなる。

 セッティング画面解説は次回に続く

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る