MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > インサイト > 新型ホンダ・インサイトとトヨタ・プリウスのボディサイズとラゲッジスペースを比較してみる
  • 2018/12/16
  • MotorFan編集部

新型ホンダ・インサイトとトヨタ・プリウスのボディサイズとラゲッジスペースを比較してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月13日に公開されたばかりの新型ホンダ・インサイト。三代目を数えるまでになり、初代からはずいぶんとボディサイズも大きくなったが、ホンダのハイブリッドの代名詞的存在であることは変わらない。ここでは、トヨタのハイブリッドを代表するモデルであり、初代から常にライバルとして戦い続けてきたプリウスと、ボディサイズおよびラゲッジスペース容量を数字と写真で比較してみたい。

※自動車業界経験不問!!<機能開発エンジニア>今すぐ見る

新型ホンダ・インサイト/全長×全幅×全高:4675×1820×1410mm/ホイールベース:2700mm/ラゲッジスペース:519L

 初代は全長3940mm&全幅1695mm、二代目は全長4390mm&全幅1695mmと、いずれも5年バーサイズを堅守していたが、三代目は3ナンバーサイズへと一気に大型化。初代からBセグメント、Cセグメント、そしてDセグメントと、代を重ねるごとにセグメントを上級移行させてきた。デザインの方向性もアバンギャルドだった初代から、よりコンサバティブなキャラクターへシフトし続けている。

 ラゲッジスペースのプリウスに対する17Lのアドバンテージは、ボディサイズを考えると妥当か。ホイールベースは奇しくもプリウスとまったく同じ2700mmだ。

 モデルチェンジごとにガラッと方向性を変えるといえば日産レパードという絶対王者(?)がいて、最近では三菱エクリプス(現行モデルにはクロスというサブネームが付くが)という新星も現れた。それらに比べればインサイトの変化は許容範囲だろう。


新型ホンダ・インサイトがデビュー!〈HONDA INSIGHT〉

現行トヨタ・プリウス//全長×全幅×全高:4540×1750×1470mm/ホイールベース:2700mm/ラゲッジスペース:502L

 現行モデルで四代目となったプリウスだが、インサイトとは対照的にそのコンセプトにブレはない。とくに二代目以降はシルエットも同じデザイン文法に則っており、正常進化という言葉がしっくりくる。ボディサイズの拡大も最小限に抑えられている。こうした事実からも、横綱のプリウス、挑戦者のインサイトという構図が浮かび上がってくる。

 現行モデルのラゲッジルーム容量は502Lだが、4WDおよびスペアタイヤ搭載車は457Lとなる。


たった3秒で出来る!? おウチの「トヨタ・プリウス」の走りが劇変する方法

トヨタ・プリウスの価値をサイレントマジョリティに向けて【新型TOYOTA PRIUS】

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る