MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > プリウス > マイナーチェンジでトヨタ・プリウスのデザインはこう変わった!
  • 2018/12/17
  • MotorFan編集部

マイナーチェンジでトヨタ・プリウスのデザインはこう変わった!

同一アングルでフォルムやディテールの違いを見比べてみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
内外装が一新されたプリウス。どこがどれだけ変わったのか、新旧モデルを並べて比較してみよう。

新型ホンダ・インサイトとトヨタ・プリウスのボディサイズとラゲッジスペースを比較してみる

 本日12月17日に発表されたマイナーチェンジで、前後のライトまわりなど内外装のデザインが大きく変更されたプリウス。まずはエクステリアを見比べてみる。

マイナーチェンジ前。
マイナーチェンジ後。
マイナーチェンジ前。ボディカラーはエモーショナルレッド。
マイナーチェンジ後。ボディカラーはエモーショナルレッドⅡとなった。

 全長×全幅×全高はマイナーチェンジ前の4540mm×1760mm×1470mm(4WDモデルは1475mm)から4575mm×1760mm×1470mm(4WDモデルは1475mm)となった。全長のみ35mm長くなっている。ちなみにホイールベースは2700mmで変化なし。

 歌舞伎の隈取を思わせたヘッドライトや、大胆に上下に流れるテールランプの形状はガラッと変わったことがわかると思う。全幅は変わっていないが、特に前から見た時はワイドになったような印象が漂う。

 ちなみに、2017年2月に発表されたプリウスPHVのエクステリアはこちら。PHVの全長×全幅×全高は4645mm×1760mm×1470mmで、マイナーチェンジ後のプリウスよりもさらに70mm全長が長い。複雑な形状のラウンドしたリヤゲートウインドウもPHVの特徴だ。

複雑な造形のプリウスPHVのリヤゲート。基本骨格にはカーボンを使っている。



自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る