MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フィット

ホンダ・フィット/スズキ・スイフトスポーツ/スズキ・スイフト/マツダ・デミオ ホンダ・フィットなどハッチバッククラスのコンパクトカー(1)【写真で見るライバル比較シリーズ】

  • 2018/12/22
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・フィット

◆コンパクトカーのベーシックスタイル『ハッチバッククラス』

◆ハッチバッククラスとは?

大きく開くリヤゲートと、トランクを持たない2BOXフォルムが基本的なスタイル。積載性や大きな荷物の出し入れがしやすい使いやすさと、狭い道での運転やパーキングも容易なパッケージは老若男女に受け入れられている。パワートレーンもハイブリッド、ディーゼル、モーター駆動、ダウンサイジングターボと、個性が際立つラインナップとなっている。

①群を抜くクラス代表格の好バランス・・・ホンダ・フィット

ホンダ・フィット

低床レイアウトの広々室内に秀逸な走りの安定感と商品力

 フィットは歴代、コンパクトカーの理想と言っていい商品力の持ち主。最大のポイントはホンダ独創のセンタータンクレイアウト。燃料タンクを車体中央床下に配置するためフロアを低くでき(低重心化)、結果、室内高の余裕、ラゲッジフロアを低くできるメリットをもたらす。さらに通常、その下に燃料タンクがある後席を後寄りにセットできるため、フラットな後席足元フロアに広大なスペースを確保することができる。

 具体的な後席頭上、膝まわり空間は身長172cmのボクのドラポジ基準でそれぞれ140/255mm!例えばヴィッツは100/180mm、デミオは100/100mmだ。さらに後席格納時のフロア地上高は560mmと極めて低く、後席をハネあげることで得られるトールモードでの後席部分室内高は観葉植物も積める1280mmに達するから実用的だ。

 低重心ということは走りの安定感にも直結し、スイスイ、キビキビした安心感ある走行性能をも実現する。

 直近のMCは内外装をリフレッシュするだけでなく、ボディの肉厚アップ、エンジン、足まわり、パワーステアリング、静粛性にまで手が入る大規模なもの。さらにホンダセンシング、ACCを新採用して安全性と快適性を向上。ナビはスマホとの連携を強化しているのだ。

 また、大人のスポーティグレードと言うべき「HYBRID・S」や「モデューロスタイル」グレードも追加されている。

全体の奇抜さはないが、フラットでタッチ式の空調操作パネルに先進 的な印象を受ける。ハイブリッドモデルとガソリン車で大きく異なるのがシフトレバー。エンジン車が従来同様 のタイプなのに対し、ハイブリッドは操作後にレバーが中立位置に戻る電子式である

②飛躍的な進化を遂げたホットハッチの代表格・・・スズキ・スイフトスポーツ

スズキ・スイフトスポーツ

力強い1.4Lターボの実力 軽量&ワイドで磨かれた走り

 スポーツカー離れが叫ばれ、日本車のホットハッチも絶滅危惧種になりつつあるが、スイフトスポーツだけは健在だ。リーズナブルで日常の使い勝手にも優れるエントリーモデルでもあり、日本のスポーツカーの裾野を広げる役割を果たしてくれている。2017年にデビューした三代目は、ベースのスイフトがHEARTECTによって大幅な軽量化と上質感を手に入れたことによって走りに磨きが掛かるだろうことは想像できたが、併せてエンジンを自然吸気1.6ℓから1.4ℓターボへと変更したことで想定を超えたジャンプアップを果たすことになった。

 エンジンスペックは最高出力136ps/6900rpm、最大トルク16.3kgm/4400rpmから140ps/500rpm、23.4kgm/2500-3500rpmへ。パワーはほぼ変わらないが、トルクは約1.5倍になり、しかも、低回転域から幅広い領域で発生する。先代ではMT比率が異例に高い約7割に達していたが、2ペダルもCVTから6速ATへと変更された。CVTではトルク容量的に耐えられないという事情もあろうが、有段ギヤになったことでダイレクト感が高まったことは歓迎されるだろう。

 全幅が1735mmと広がり、初めて3ナンバーとなったボディは先代比で約70kg軽くなり、0-100km/h加速はMTで20%、ATで25%速くなり、燃費性能も同時に引き上げることになった。

基本的な造形は標準車と共通だが、赤いグラ デーション処理をされたカーボン風加飾パネルや赤く塗られたタコ メーターなどが情熱的な雰囲気をプラスして いる。アルミペダルの採用は、もはや伝統となっている。6速MTは適度に短めでスポーツフィーリングだ。

③軽快でスポーティな走りと独特な存在感が光る・・・スズキ・スイフト

スズキ・スイフト

走りを極めた実力派シャシー
1.0ℓターボの加速に感嘆


 世界に通用するコンパクトカーとして確固たるポジションを築き、独自の存在感を発揮しているスイフト。「革新」をキーワードに開発された三代目は、すべてを刷新。「HEARTECT」と呼ばれる軽量高剛性の新プラットフォームの採用などにより、もともと軽かった車重が、さらに車両全体で120kgものスリム化を果たしたというから驚く。従来型では少なからず不満の声が聞かれた荷室の使い勝手や後席の居住性も向上している。

 ヨーロッパの各地を走り込んで鍛えたというシャシーの実力はなかなかのもので、軽快な中にもしっかりとした骨太な味わいがある。

 とりわけ現行型では最初からカタログモデルとして設定されている「RS」は、ダンピングを効かせた専用チューニングによりフラット感も高く、身のこなしのキビキビ感は別格的なスイフトスポーツをも上回るように感じられるほどだ。

 計4種類をラインナップするパワートレーンの持ち味はそれぞれ。1.2ℓ自然吸気でも大きな不満はないが、1.0直噴ターボの瞬発力ある加速はなかなか刺激的。スイフトの走りに新しい価値をもたらしている。加えて、MGUもしくはISGを搭載する2種類のハイブリッドをラインナップするのも特徴的だ。

 スズキの代表作として相応しく、触れるほどに誠実につくり込まれていることがヒシヒシと伝わってくる。

乗降性にも寄与するフラットボトムのステアリング、幅広いグレードにパドルシフトが備わっているのもスポーティなキ ャラクターに相応しい。「全方位モニター」を活かすにはオプション設定のメモリーナビゲーションが必須だ。
4ヵ所のカメラ映像を合成して真上 から見ているかのような映像を映し出す「全方位モニター」は駐車支援、安全確認に役立つオプションだ。

④クラスを凌駕する存在感と上質な走りに定評・・・マツダ・デミオ

マツダ・デミオ

卓越した安全装備と乗り味
排気量増で動力性能が向上


 コンパクトカーの概念を打ち破るクルマとして開発された現行型デミオは、クラス唯一の1.5ℓディーゼルエンジンや、ひとクラス上の質感の高いインテリアを採用することで、登場から4年を経過した今でも強い存在感を放っている。外観を重視したパッケージングのため、後席の居住性や荷室の使い勝手はイマイチだが、充実した安全装備や走りの良さには定評があり、セダンやミニバンなどからダウンサイズしてくる人にも人気が高いモデルだ。

 発売後も乗り心地の改善やディーゼルエンジンの静粛性向上など、多くの改良を施してきたが、この8月にはガソリンエンジンの排気量を1.3ℓから1.5ℓに拡大することで、大幅な性能アップを果たした。さらに、MTは1.3L車時は5速だったものが、1.5ℓでは6速にアップグレードされた。しかも、「15C」や「15S」といったベーシック

 グレードの車両本体価格は、1.3ℓの時から上昇していないのも魅力。1.3ℓから1.5ℓの排気量アップなら自動車税の区分が変わることはないし、燃費性能も悪くはなっていないのでユーザーにはメリットが大きい改良だ。ほかにもフロントガラスに紫外線や赤外線を遮断するスーパーUV・IRカットガラスを全車に採用。同時にインパネやシート表皮に肌触りの良いスエード調人工皮革を採用した特別仕様車の「ミストマルーン」を、ガソリンとディーゼルの両方に設定した。

インパネに、シートと合わせたディープレッドの加飾が入り、エアコン吹き出し口にサテ ンクロームメッキを配しているのは特別仕様 車の特徴。いかにも上品なムードを醸し出し ている。ロングノーズが特徴のデミオは、コックピットからノーズ 先端は把握しづらい。
複数のカメラ映像を合成、映し出す360 度ビュー・モニターは「15C」、「15MB」 以外のグレードにオプション設定。

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ