MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. ノート

NISSAN NOTE e-POWER 日産ノートe-POWERはなぜ売れる?燃費のよさ?今、日本でいちばん人気のコンパクトカー

  • 2019/01/02
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
日産ノート e-POWER

2018年上半期、登録車の販売ナンバーワンとなったのは日産ノート。その座は確固たるものになってきたが、人気の理由はどこにあるのか? いまや日本市場におけるベンチマークといえるノートの魅力を3 つにわけて解説しよう。

コンパクトカー市場は
今やノートを中心に動いている!!


『2018年度上期 登録車 販売台数No.1』
『2018年度上期 コンパクトカー 販売台数No.1』
『2017年度 コンパクトカー 販売台数No.1』

◆ノートe-POWERが売れるワケその①

モーター駆動
ならではの楽しさ、
静かさ、燃費の良さ


 これまでのハイブリッドカーはエンジンと電気モーターの出力をミックスするものが多かったが、日産の「e-POWER」は、エンジンは発電に専念、駆動は電気モーターだけで行なうというシステムなのが特徴だ。

 エンジンは発電専用とすることで効率を上げて燃費を稼ぎ、段付き感が皆無なモータードライブを常に味わえるという、まさに一石二鳥のパワートレーンとなっている。日産の100%電気自動車「リーフ」が、同セグメントの国産ライバルよりも人気になっているように、今や市場は電動パワートレーンによる走りを求めている。そうしたドライブフィールを、リーズナブルに、従来通りの感覚で使えるのが「e-POWER」なのである。

2.『加速と静かさはクラスを超えた驚き!』

加速と静かさはクラスを超えた驚き!電気モーターのトルク 感は2.0ℓターボエン ジン並。にも関わらず、 電気の走りで静粛性は 2クラス上のセダン並。 エンジンの停止時間が 長いことや遮音対策が 活きている。

3.『e-POWERならではの ワンペダルドライブとは?』

 ノートe-POWERの走行モードで 「S」モードおよび「ECO」モードを選択すると、アクセルを戻すことによって減速もコントロールできる。 これが「e-POWER Drive」、足を 踏み変えることなく停止までコントロールできるワンペダルドライビングである。コンパクトカーではノートだけが持つ未来感覚だ。

◆ノートe-POWERが売れるワケその②

クルマや人との衝突回避サポートブレーキ『インテリジェント エマージェンシーブレーキ』

予防安全評価で満点の
評価を獲得した充実の安全装備


 『技術の日産』に基づく最新の運転支援システムを多数搭載しているのもノートの魅力。前走車に速度を合わせる追従クルーズコントロール、同じく高速道路で役立つ車線逸脱防止支援システム、クルマと歩行者に対応する自動ブレーキ、駐車場での事故を防ぐ踏み間違い衝突防止アシストといった数々の先進安全装備を設定している。これにより経産省や国交省が進める「セーフティ・サポートカーS」のワイドに対応しているのも見逃せない。このような事故低減に役立つ優れた先進安全性能も、ノートがコンパクトカー市場をリードしている理由のひとつだ。

車線のはみ出しを防止する『車線逸脱防止支援システム』
高速道路での長距離ドライブの強い味方『インテリジェント クルーズコントロール』
対向車を察知して自動で切り替え『ハイビームアシスト』
前方の人にも作動するようになった『踏み間違い衝突防止アシスト』

◆ノートe-POWERが売れるワケその③

Lクラスセダンに匹敵
するほどの広々とした室内


 2,065㎜という室内長を誇るノート、コンパクトカーとは思えない広いキャビンを実現している。タンデムディスタンスはL クラスセダン並だ。e-POWERという新しい電動パワートレーンはバッテリーが小さくできるため、キャビンもラゲッジも犠牲になっていないのも美点のひとつ。後席ドアは90度まで開くため、チャイルドシート利用時にも十分以上な開口広さを実感できるだろう。ほとんどのグレードで6:4分割リヤシートを採用、中央のアームレストにはふたつのカップホルダーが備わるなど快適性のレベルも高い。

後席使用時でもベビーカー(A型、B 型、AB型のいずれも)を一台載せることができるラゲッジスペースを確保。後席を倒せば、ゴルフバッグ3個を載せることも可能だ。

日産ノートe-POWER NISMOにNISMO Sが登場

100%モーター駆動がもたらすクラスを超えた活発な走りその特徴をスポーティに磨き上げたのが日産ノートe-POWER NISMOだ。そして魅力をさらに増すべく、パワーアップを果たしたNISMO Sが2018年秋に登場した。

☆ <雪国に朗報!> e-POWERに4WDが追加

 電動パワートレーン「e-POWER」は緻密な駆動制御を得意としているため2WDであっても雪道で安心して走れるが、凍結路での発進という心細いシーンにも対応した4WDを求める声に応えてモーターアシスト方式を採用した4WD車が登場した。後輪を駆動するのは専用の小型モーター、これをe-POWERのバッテリーによって作動させる。インパネのスイッチで4WDに切り替えると発進の0㎞/hから後輪用モーターが駆動力を発生させ、雪道での発進性を確保する。速度が上がると自動的に2WD(前輪駆動)に移行して燃費を重視するコンパクトカーの効率的な走行に切り替わる。

『モーター駆動+4WDでこんな場面でも安心!』

交差点の右左折時も安心
坂道でもスムーズに発進
e-POWER driveのおかげで 下り坂でも安定して減速
雪国での日常ユースにピッタリ!

「これからは、シリーズハイブリッドじゃ」エンジン博士・畑村耕一が日産ノートe-POWERに1100km乗って考えたこと。

畑村耕一博士の最近の口癖は、「これからは電動車じゃ。でもEVを考えるときは、発電の電源構成から見ていかにゃならん」だ。その博士が北海道でノートe-POWERを1100kmドライブした。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

新型マツダCX-30デビュー!!

新型マツダCX-30デビュー!! 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ