MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/04
  • MotorFan編集部

ホンダ・ヴェゼル?、マツダCX-3? 検証!『コンパクトSUV 』このクラスのSUVは個性派揃い!

マツダCX-3/スズキ・エスクード/クロスビー/ホンダ・ヴェゼル 4車種それぞれの魅力

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界的SUV人気の潮流に漏れず、コンパクトクラスでも各種のSUVがラインナップされる。注目したいのは、コンパクトクラスのS U V には、他のクラスにも増して個性的なラインナップが揃っていること。ここではそんなS U V の数々をチェックする。

レポート=岡島裕二

日本独自の個性が光る
コンパクトSUV


 ひと昔前のコンパクトカーといえば近所のアシやセカンドカー、免許を取りたての初心者が選ぶ安価なクルマというイメージが強かったが、今は様子が異なる。ハイブリッドやディーゼルエンジンを搭載した高級路線のエコカーやミニバンのような居住性を実現したハイトワゴンなど、ボディタイプも多岐に渡る。その中でもバラエティに富んでいて面白いのがSUVだ。ブームの火付け役となったアメリカでは大型SUVが人気だが、日本ではボディが大きいと持て余してしまう。そこで小型車づくりのノウハウに長けた日本のメーカーは独自のセールスポイントを盛り込みながら魅力的なコンパクトSUVを続々とデビューさせた。

 今回はコンパクトSUVのトップセールスを記録しているヴェゼルとディーゼルエンジンの排気量をアップして、再び注目を集めたCX-3、ファニーなスタイリングで女性人気も高いクロスビー、コンパクトSUVのパイオニアといえるエスクードの4台をピックアップして、コンパクトSUVの魅力に迫ってみたい。

 この中でも最も売れているホンダ・ヴェゼルは、いわゆるオールラウンドプレイヤー。クーペ風のフォルムを持った都会的なスタイリングは誰が乗っても似合う。センタータンクレイアウトによって、優れた後席の居住性を確保しながらも、広くて使いやすい荷室も手に入れている。そのため街乗り中心の人からレジャー派の人まで幅広いユーザーに選ばれた。エンジンも燃費の良い1.5ℓハイブリッドと1.5ℓ自然吸気の2本立てだから価格帯が広く、予算に応じてグレードを選ぶことができる。2014年から3年連続でSUVクラスの販売ランキング1位をマークした理由は、このようなトータルバランスが良かったことにほかならない。

 マツダCX-3もヴェゼルと同じように洗練されたスタイリングと上質なインテリアを備えた都会派SUVだが、デミオをベースとしているため、よりコンパクトハッチバックに近いパッケージングになる。スタイリングはデミオと兄貴分のCX-5を上手く融合したデザインとなっており、小粒でも存在感がある。それでいながら今回集めた4台の中で唯一立体駐車場にも入る全高に抑えられているので都市部でも購入しやすい。インテリアもデミオに近いデザインだが、センターコンソールを拡大し、デミオにはない電動パーキングブレーキを装備して差別化を図った。ただし、後席や荷室の広さはデミオと大差ないため、あまり広くはなく、レジャーで使うには適していない。発売時は1.5ℓディーゼルだけだったが2.0ℓのガソリンが追加され、今年5月にはディーゼルの排気量が1.8ℓに拡大された。

 大きいハスラーと言われることが多いスズキ・クロスビーは、ハスラーの良い点を受け継ぎ、弱点を克服したようなモデル。スタイリングのモチーフはハスラーに近いが、クロスビーのほうが全幅が20㎝近く大きいのでデザインに抑揚感がある。インテリアもクロスビーのほうが質感が高く、室内幅も余裕が増すので、助手席との乗員間距離も気にならない。しかも、これだけ居住性やデザインを向上させながらも、取り回しに関しては軽自動車並みの扱いやすさを実現している。

◆マツダCX-3

マツダCX-3

XD L Package(FF)
●1.8ℓディーゼルターボ 
●最高出力:116㎰ 
●最大トルク:27.5㎏m 
●WLTCモード燃費:20.2㎞/ℓ 
●車両本体価格:283万6080円

クラスを超えるプレミアム感

デミオをベースとしながらも、クロスオーバーらしいハイデッキセンターコンソールと、ダッシュボード前面のスエード調仕上げがひときわ上質感を際立たせる。ドライバー第一でドライビングポジションがピタリと決まるのもCX-3の魅力。


マツダCX-3とホンダ・ヴェゼル。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

◆スズキ・エスクード

スズキ・エスクード

1.4ターボ(4WD)
●1.4ℓターボ 
●最高出力:136㎰ 
●最大トルク:21.4㎏m 
●JC08モード燃費:16.8㎞/ℓ 
●車両本体価格:258万6600

クロスビーと対象的に質実剛健

アルミ調加飾のダッシュボードが硬質な印象を与えるインテリア。エアコン吹き出し口の赤い縁取りや、中央上に設置されたチューニングカーの追加メーターを思わせるエアコン吹き出し口&時計など、意外とスポーティムードが強い。


スズキ・エスクードに待望の高性能モデル「1.4ターボ」追加!

◆スズキ・クロスビー

スズキ・クロスビー

HYBRID MZ(4WD)
●1.0ℓターボ+モーター 
●最高出力:99㎰(モーター3.1㎰)
●最大トルク:15.3㎏m(モーター5.1㎏m) 
●JC08モード燃費:20.6㎞/ℓ 
●車両本体価格:214万5960円

スズキ・クロスビー

遊び心あふれるダッシュボード

カラーパネルやヘッドライトをモチーフにした左右のエアコン吹き出し口など、外観同様に楽しさを感じさせるクロスビー。しかしながら、押しやすさを考えたセンターの大型スイッチなど、ラフロードに対する考慮もされている。


海も山もイケる スズキ・クロスビー! 遂に発売【1,765,800円〜】

◆ホンダ・ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼル

HYBRID Z・Honda SENSING(FF)
●1.5ℓ+モーター 
●最高出力:132㎰(モーター29.5㎰)
●最大トルク:15.9㎏m(モーター16.3㎏m) 
●JC08モード燃費:23.4㎞/ℓ 
●車両本体価格:271万円

ホンダ・ヴェゼル

クーペのような包まれ感

ハイデッキコンソールとドライバー側に傾けたセンターパネルでパーソナル感を表現したコックピットデザインは、デビュー以来5年が経とうとしているが未だに古さを感じさせない。各部にステッチライン入りのソフトパッドを採用し、質感も高い。


ホンダ・ヴェゼルに1.5L VTECターボモデルが追加!

☆キャラ立ちが明確な各車

先般の改良で、同じディーゼルターボながら排気量が1.5ℓから1.8ℓにアップしたCX-3。これによりラインナップは2.0ℓガソリンと1.8ディーゼルターボと、デミオとは明確に差別化された。エスクードの1.4ℓターボはスイフトスポーツと同じで、パワーは136㎰と4車中最もパワフル。言うなれば「スイフトスポーツSUV」とも言える活発さが魅力でもある。


<検証!コンパクトSUV>大人気のスズキ・ジムニーシエラはどうなの?

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る