MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/26
  • MotorFan編集部

三菱エクリプスクロスのダカール仕様がカッコいい。ダカールラリー2019に参戦するエクリプスクロス T1プロトタイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダカールラリー2019に参戦するエクリプスクロス T1プロトタイプ
三菱モータース・スペインは、スペイン人ドライバーであるクリスティーナ・グティエレス(Cristina Gutierrez)とコ・ドライバーのパブロ・ウエッテ(Pablo Huete)が共同開発した三菱エクリプスクロス T1プロトタイプで、2019年のダカールラリーに参加する。

 三菱自動車のスペイン法人である三菱モータース・スペインは、エクリプスクロスのダカール仕様でダカール・ラリー2019に参戦する。ドライバーは、過去4年間三菱モータース・スペインのサポートを受けてきた26歳のグティエレスだ。グティエレスは2017年のダカール・ラリーでスペイン人女性初の完走を果たしている。

 エクリプスクロス がダカール・ラリーに参戦するのは今回が初めてだが、三菱ブランドはパリダカ以来、伝説的なMitsubishi Pajero Evolutionで12回もの勝利を収めている。
 エクリプスクロス T1プロトタイプは、カーボンファイバーボディを備えたスチール製スペースフレームシャシーを中心に構築されており、各ホイールに2つの完全に調整可能なオーリンレーシングダンパーを備えたダブルウィッシュボーンサスペンションを採用している。
 フルタイム4輪駆動システムは、フロントとリヤのメカニカルセンターデファレンシャルとリミテッドスリップデフを採用しており、最高出力340psと最大トルク686Nmのターボディーゼルエンジンと組み合わせるのは6速シーケンシャえルトランスミッションだ。ブレーキは4ピストンのAPレーシング製。
 2019年にペルーで開催される2019年ダカール大会は、2019年1月6日から1月17日の間に、5000kmの行程で競われる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る