MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/07
  • MotorFan編集部

レクサスLS対メルセデスSクラス! 日独高級サルーンの頂上対決の行方はあっけなく……?

レクサスLS500×メルセデス・ベンツS450

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツS450(左)、レクサスLS500
昨年末に満を持して登場したレクサスのフラッグシップサルーン「LS」だが、世界のライバルと比べると、その走りはやや及第点未満だったのは事実。だが、そこは世界のレクサス、8月に先進安全技術の充実、走行性能のテコ入れをしてきた。最新のLSはついに世界のサルーンに匹敵する性能を身に着けたのだろうか? リベンジなるか!?
REPORT◎高平高輝(TAKAHIRA Koki) PHOTO◎田村 弥(TAMURA Wataru)

 最近は日本車でも年次改良は珍しいことではない。ただし、性能の基本に関わる部分を発売後1年も経たないうちに、しかも11年ぶりにフルモデルチェンジしたフラッグシップモデルを改良したという話は聞いたことがない。
 
 8月30日にひそやかにLSに加えられた改良は次の通り。まずAWDモデルのダンパーに伸圧独立オリフィスを採用、減衰力可変幅の拡大、摩擦低減によって乗り心地を向上させた。またマルチステージハイブリッドシステムのサウンド、変速制御のチューニング、制振材の追加などにより静粛性を向上させ、さらに運転支援システムの「レクサス・セーフティシステム+」の機能を進化させたという。
 

12.3インチの視認性に優れる横長のワイドディスプレイを採用する。

 実はLSのベースグレードには「レクサス・セーフティシステム+」、それ以外の上級グレードには「レクサス・セーフティシステム+A」という、さらに充実した機能を持つものが備わっている。LSともなれば本来は全車統一で「+A」を装備すべきだ。

 11年ぶりに新型となったレクサスのフラッグシップLSに対する期待が大きすぎたのかもしれないが、そのささくれ立った感じの乗り心地とハイブリッド車のエンジン始動の際のノイズと気忙しさについては私自身も不満だっただけに、その点に改良が加えられたことには納得するが、既に購入したオーナーがそう思うかは別問題だ。
 
 ハイブリッドでもAWDでもない試乗車のLS500Fスポーツに関係する改良点は、ダッシュパネルやカウル、フロア、ドアパネルへ制振材を追加したことで静粛性を向上させたことと、低速でのトルク制御を見直してシフトの滑らかさを向上させたことである。
 

「Fスポーツ」には摩擦抵抗の高いウルトラスウェードを用いた専用本革シートが奢られる。

 ごくゆっくりと走り出した際の挙動とタイヤの当たりは以前よりも若干滑らかになっているようだ。だが、その先のスムーズさという点では変わらないように感じた。LSでの一番の不満はハイブリッド車のエンジンオン/オフに伴うノイズの高まりとドライバビリティ(微妙なレスポンス)の悪さ、それにリラックスできない乗り心地だったが、新しいLS500でもやはり満足できるレベルには達していない。
 
 LS500Fスポーツ(RWD)は、後輪操舵のLDHに加え、唯一アクティブスタビライザーも備わる最もスポーティな仕様ゆえ、引き締まった足まわりを持つのは理解できるし、そのおかげでスッとコーナーのイン側にノーズが動くステアリングレスポンスはシャープだが、エアサスと可変ダンパーを持つのなら、もっとしなやかな乗り心地を備えてしかるべきだ。422㎰/600Nmを生み出す3.5ℓV6ツインターボも、2.2t以上もある車重に対しては意外に余裕がなく、ついついスロットルペダルを深く踏み込みがちだ。また全開にしてもトップエンドでのパワーの盛り上がり感もいまひとつ、大型サルーンでも飛ばしたいというスポーツ派にもいささか物足りないのではないだろうか。
 

搭載される3.5ℓV6ツインターボエンジン。吸気効率の向上や燃焼室内の気流強化により高速燃焼を実現した高効率エンジンだ。

レクサスLS500 Fスポーツ
■ボディスペック
全長(㎜):5235
全幅(㎜):1900
全高(㎜) :1450
ホイールベース(㎜):3125
車両重量(㎏) :2230
■パワートレイン
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量(㏄) :3444
最高出力:310kW(422㎰)/6000rpm
最大トルク:600Nm(61.2㎏m)/1600〜4800rpm
■トランスミッション
タイプ:10速AT
■シャシー
駆動方式:RWD
サスペンション フロント:マルチリンク
サスペンション リヤ:マルチリンク
■ブレーキ
フロント&リヤ:ベンチレーテッドディスク
■タイヤ&ホイール
フロント:245/45RF20
リヤ:275/40RF20
■環境性能
燃料消費率(㎞/ℓ:JC08モード):10.2
■車両本体価格:1200.5万円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る