MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/10
  • Motor Fan illustrated編集部

新型マツダ3:新技術に興味あり。クルマの出来も大いに期待してよさそう……なんてものではなくて、すでに惚れてしまっている。

Mazda3の技術を考察する 世良耕太

このエントリーをはてなブックマークに追加

 そこで、新しいトーションビームを考案した。タイヤ側がフレア状に広がっているのが特徴だ。そう説明するのは簡単だが、実は成形が難しい。最初の工程でブランクを作るのにノウハウがあり(従来工法だと丸めたときに合わせ目のギャップが合わず溶接できない)、マツダの地元、広島のワイテックと共同で特許を出願中(18年6月現在)だ。こうして新しいTBAをものにした結果、トー剛性は現行比で14%、キャンバー剛性は50%向上させた。

 試乗後に思わず「気持ち良かったぁ」と口走ってしまったことは前述したが、気持ち良さの理由はエンジンばかりではなく、サスペンションやボディ(今回は触れていないが)を含めたシャシー、マツダがいうところのビークルアーキテクチャーが利いているのは間違いない。

 そしてデザイン。じつのところ、東京オートサロンで確かめられるのはデザインだけだ。そのデザインもマツダが長期ビジョンのひとつに掲げる要素で、「見る人すべての心を豊かにするデザインをさらに研ぎ澄ませていく」と宣言している。その最新の事例がマツダ3というわけで、写真で見る限り、大いに期待してよさそう。

 なんてものではなくて、すでに惚れてしまっている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る