MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/11
  • レブスピード編集部

Daiwa Racing Laboが東京オートサロン初出展【東京オートサロン2019】

多彩なクーリング製品を世界にアピール

このエントリーをはてなブックマークに追加
50年以上の歴史を誇る熱交換器メーカー、大和ラヂエーター製作所のDRL(Daiwa Racing Labo)が、1月11日(金)~13日(日)、千葉県 幕張メッセで催されている東京オートサロン2019に初出展

テスト車両FD3S RX-7とVマウントシムテム

 高性能なラジエーターやコンデンサー、オイルクーラー、インタークーラーなどに加え、最新では『対』(ラジエーター+オイルクーラー)や『環』(水冷式オイルヒートエクスチェンジャー)などのアイディア製品が好評なDRLだが、ブースの中央にはテスト車両のFD3S RX-7と、それに備わるVマウントシステムを配置。製品開発の姿勢を示すとともに、周囲にはラジエーターや『対』、奥にはオイルクーラーやコンデンサー、『環』などを置いて、車種別専用品、汎用品、特注品など、要望に応じて小回りが利く体制をアピールしている。開催初日、ブース内はエンドユーザーはもちろん、国内外の業者で賑わっていた。
■大和ラヂエーター製作所 TEL082-509-0663
http://www.daiwaracinglabo.jp/

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る