MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

ライバルは、メルセデスSL? レクサス、デトロイトモーターショーでコンセプトカー「LC Convertible concept」を世界初公開

LEXUS LC Convertible concept

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスは、米国・デトロイトで2019年1月14日(月)から開催される2019年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、コンバーチブルクーペのコンセプトカー「LC Convertible concept」を世界初公開する。

 高級スポーツクーペには、コンバーチブルがよく似合う。メルセデス・ベンツSLに代表されるこの高級クーペには、オープンエアを楽しめる、という贅沢な仕様が必要だ。
 レクサスLCにも、どうやらコンバーチブルのラインアップが追加されるようだ。デトロイトでワールドプレミアされるLC Convertible conceptは、あくまでもコンセプトカーだが、当然近い将来にレクサスLCのラインアップに加わると考えた方が自然だ。

「LC Convertible concept」は、レクサスが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発されたコンバーチブルモデルのコンセプトカー。フラッグシップクーペLCとともにLEXUSラインアップの頂点として、飽くなき美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指している。

LCのデザインテーマ「Seduction & Technology」を追求したエクステリア

• エクステリアは、LCが持ち味とする走行性能とデザインが調和した独創的なスタイリングを実現。クーペモデルのデザインモチーフを活かしながら、LEXUSコンバーチブルとしての独自の美しさを追求した。
• 天候や気分に合わせ、気軽にルーフの開閉を選択して運転を楽しむことが可能。また、ルーフの格納位置にもこだわり、ルーフを開けたときも閉じたときも、流麗なサイドビューを実現した。ホイールは、優れた運動性能を予感させる専用の大径22インチを採用した。

 ボディサイズは、
全長×全幅×全高:4760×1920×1350mm
ホイールベース:2870mm

 日本仕様のLC500のボディサイズより、10mm短く5mm高いサイズだ。

•ドライビングの高揚感を演出するコックピット空間と、乗員を包み込むおもてなしの助手席側空間を融合したLCのインテリアを継承し、ルーフを開けた際の車外からの見え方にもこだわったインテリアを実現。
•LCと同様にドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションとし、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、徹底した走り込みに基づく細部にこだわったレイアウトを実現。また、コンバーチブルモデルのインテリアとして、ルーフを開けた状態での開放感と包まれ感のバランスを考慮した空間作りを目指した。
•インテリアカラーは、ボディカラーに合わせたホワイトとブラックによるシンプルなコーディネートにより、上質感と心地良さを追求している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る