MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/12
  • レブスピード編集部 加茂 新

TMスクエアZC33S用 前後エアロをついに公開!!【東京オートサロン2019】

ダウンフォースを得られる機能性最重視エアロ

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中ミノル先生率いるTMスクエアは機能性重視のホンモノパーツだけをリリースするスイフトスポーツ専門ブランド。待ち望まれていたZC33S用のエアロパーツを初公開した!!

田中ミノル先生とは、元レーシングドライバーの田中実さんのこと。
イギリスF3ではミカ・ハッキネンと戦い、国内ではあらゆるカテゴリーに参戦。
スーパーGTでは大嶋和也や中嶋一貴などが若手ドライバー時代にコンビを組み、一流レーシングドライバーに育て上げたすごい人なのである。
そんなミノル先生の特技はレーシングカーのセットアップ。

もっと速く走るためにどうしたらいいのか、
サス、デフ、エンジン、空力までトータルでの経験値を数多く持ち、
どういじったら速くなるかを知り尽くした男なのである。

そんなミノル先生がオリジナルエアロのZC33S用を発表。

フロントの開口部はインタークーラーにきっちり風が当たるように拡大。インタークーラーに最大限の走行風を当てることができる。
バンパーサイドはカナード形状にしてタイヤハウス付近を負圧にすることで、
フェンダー内の乱れた空気を吸い出す効果を持たせる。
リアまわりはバンパー裏に走行風が溜まって抵抗が増えてしまう「パラシュート効果」を軽減させるために空気抜きを多数配置。
最高速アップを狙っている。

価格は未定だが、フロント、リア、それぞれ各10〜12万円程度とのこと。
追って、フロントフェンダーとリアウイングを製作する予定だという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る