MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. レクサス|LEXUS
  4. ES

レクサスESに試乗 デジタルミラーだけじゃない、レクサスESはデザインと走りもなかなかのモノ

  • 2019/02/17
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスES300h Fスポーツ

LSに次ぐハイエンドサルーンであるレクサスESがついに日本に投入された。伸びやかで美しいフォルムと快適さ、そして、レクサスならではのスポーティな走りを実現していた。
REPORT◉永田元輔(Gensuke Nagata) PHOTO◉市 建治(Kenji Ichi)

全長4975㎜、全幅1865㎜と、日本では堂々たるフルサイズ。Fスポーツには19インチホイールやリヤスポイラーが備わる。

 日本でのレクサスセダンのラインナップは、小さい方からIS、GS、LSという構成であったが、昨秋に新たにESが加わった。ESは北米ではずっと販売されてきた車種だが、7代目となるこの新型から日本でも発売されることになったのだ。しかし、サイズ的に完全に被ってしまうGSはというと、消滅してしまうという噂もある。もしそうなら寂しいが、FFのユーティリティ性にはかなわないのだろう。

 事実、ESの室内は相当に広い。何しろ全長4975㎜、ホイールベースは2870㎜もあるのだ。前席がゆとりタップリなのはもちろん、後席も余裕で足が組めるほど。LSと見まごうばかりのエクステリデザインは高級感に溢れており、LSユーザーを食ってしまうのではないかと余計な心配をしたくなる。とはいえLSは新型になってロングホイールベース仕様のみとなったから、実際にはちゃんと棲み分けができるのだろう。
 

12.3インチのワイドなディスプレイを装備。ドライブモードセレクトとVSCのオフスイッチはメーターバイザー左右から生える。

 パワーユニットはハイブリッドのみで2.5ℓの直4とモーターの組み合わせだ。THSⅡはもはや熟成の域といった感じで、スムーズさや静粛性はいうまでもなく、動力性能にもまったく不満はない。Fスポーツはかなり足まわりが硬めの設定で細かな振動をストレートに伝えてくる。街中メインならもうちょっとソフトな方がいいのでは、と感じたが、バージョンLではその振動がすっきりと消えていた。バージョンLには微小な動きにも減衰力を発揮するスウィングバルブショックアブソーバーが装着されているが、その効果が大きいのだろう。Fスポーツが19インチ、バージョンLが18インチというタイヤの差も乗り心地の違いに影響しているのは間違いない。
 

モニター画面は意外と見やすい。雨天や夜間でも視界が確保できるのは大きなメリットだ。

 注目の新技術、デジタルアウターミラーは想像よりもずっと使い心地が良かった。最初は、特に助手席側を確認すると、ついドアミラーがあるべき場所を見てしまったりするが、それもしばらく運転していれば慣れる。右左折時や後退時に視野を自動で変える(キャンセルも可)など、カメラ式ならではのメリットもある。今回は試せなかったが、夜間や雨の日でも鮮明な視界が得られるというから、実はかなり便利な装置なのだ。
 
 ただ、モニター画面があまりに後付け感丸出しなのは高級車であることを考えると改善して欲しい部分だ。オプションパーツである以上、ダッシュボードに組み込んだデザインにはできないのだろうが、せめてもう少しスッキリとして欲しい。

バージョンLはグリルが煌びやかだ。デジタルアウターミラーはサイドビューがスッキリするという効果もある。

 総じてES、ハイエンドのFFサルーンとして、非常に高いレベルでのまとまりを感じるが、プレミアムブランドとしてはもう少し独自の魅力や個性、つまり強さが欲しいのも事実。その点、GSの方が強さはあるような気がする。

※本記事は『GENROQ』2019年2月号の記事を再編集・再構成したものです。

レクサスES300h Fスポーツ
■ボディサイズ:全長4975×全幅1865×全高1445㎜ ホイールベース:2870㎜
■車両重量:1720㎏
■エンジン:直列4気筒DOHC 総排気量:2487㏄ 最高出力:131kW(178㎰)/5700rpm 最大トルク:221Nm(22.5㎏m)/3600~5200rpm
■モーター:最高出力:88kW(120㎰) 最大トルク:202Nm(20.6㎏m)
■トランスミッション:電気式無段変速機
■駆動方式:FWD
■サスペンション形式:Ⓕマクファーソンストラット Ⓡダブルウイッシュボーン 
■ブレーキ:Ⓕベンチレーテッドディスク Ⓡディスク
■タイヤサイズ(リム幅):Ⓕ&Ⓡ235/40R19(8J)
■燃費:23.4㎞/ℓ(WLC)
■車両本体価格:629万円

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ