MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

東京オートサロンに登場したスズキ・ジムニーシエラのコンセプトモデルは市販されるの? ジムニーのピックアップトラックは発売される!……か?

  • 2019/01/26
  • ニューモデル速報 森田 準
このエントリーをはてなブックマークに追加
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル

スポーツ新聞みたいな”釣り”見出しを使ってすみません。去る1月11日から13日に開催された「東京オートサロン2019」のスズキブースで注目を浴びたコンセプトカー「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」。果たしてこのクルマ、実際に量産車としてリリースされるのか? 

 昨年の発売以来、いやそれより前の新型発表以来ずっとクルマ好きの耳目を集め続けているスズキ・ジムニー&ジムニーシエラ。

 東京オートサロンのスズキブースには、軽自動車である「ジムニー」をベースに車高アップやアンダーガードを装着してカスタムされた「ジムニーサバイブ」と、登録車である「ジムニーシエラ」をベースに荷台を取り付けた「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」が展示された。

当サイトを含め、さまざまなメディアで紹介されたので、ご存知の方も多いかもしれない。

新型「ジムニーシエラ」をベースに自分の相棒として活躍してくれるシーンをイメージしたコンセプトモデル。DIYなどの趣味や生活の様々な場面で、4WD性能と荷台の利便性を必要としているユーザーの頼れる相棒として開発した。
ジムニー サバイブ:本格的な軽四輪駆動車としての性能をさらに進化させた新型「キムニー」をベースに、極限の状況下、厳しい自然の中を進んでいく力強さ、孤高の世界観をイメージしたコンセプトモデル。

 「ジムニーサバイブ」に関しては、車高にしてもバンパーやアンダーガードにしても、言葉は悪いが“所詮”純正パーツを外して別のパーツを取り付けるレベル。市販されているアフターパーツを使えば同じようなしようは作れるし、実際すでにそういったパーツも販売されている。(勿論メーカーの仕事だけあって、特別仕様車として設定されてもおかしくないくらいの完成度ではあるが。)

 しかし、「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」については荷台を取り付けただけでなく、キャビンはキングキャブスタイルに作り変えられていて、アフターでやるにはかなり大掛かり。(ジムニー専門ショプなどではそういった架装を得意とするところもあるが)前述のカスタムレベルのものではない。

キャビンのドアから後ろは丸々作りこまれハイマウントストップランプも仕込まれているし、荷台の「あおり」と呼ばれる外周部分の細部の形状や、ロープを引っ掛けるフックなども市販車然としている。

 ジムニーは代々はしご形状のラダーフレームの上にキャビンを載せるタイプのクリマなので、キャビンや荷台などを作ってしまえばエンジンやサスペンション、タイヤなどが取り付けられてクルマとして走らせる部分であるシャシーは既存のものがそのまま流用できるはず。なので、一般的なモノコックフレームのクルマよりは市販化へのハードルは低いのではないだろうか?

 さらには、オートサロンに出店していたジムニーを良く知る某ショップの社長は「あれは市販されるでしょ!」と力強く予見していた。

 その読みが当たるかどうかは別として、こんなクルマが追加設定されれば農林業のプロユースや、マリンスポーツや狩猟など様々な趣味の相棒として選択肢が広がるだろう。

 そういったアクティブ派には待望のモデルとなる「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」。発売されたなら、現行モデルと同様に世界各国で販売割り当ての奪い合いになるほどの人気モデルとなるだろう。

新型マツダCX-30デビュー!!

新型マツダCX-30デビュー!! 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ