MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/29
  • MotorFan編集部

欧州で鍛えた本格派の味わい「スズキ・スイフトスポーツ」〈ひと目でわかる人気車種のすべて〉

飛躍的な進化を遂げたホットハッチの代表格

このエントリーをはてなブックマークに追加
スイフトスポーツ(6速MT)
新開発プラットフォーム「HEARTECT」を採用したスイフトをベースにスポーツテイストを強調した一台。従来は自然吸気だったが、新型ではターボを搭載し、2500rpmから23.4kgmという大トルクを発揮。1000kgを下回るボディを軽快に操る楽しさに満ちている。

TEXT●山本晋也(YAMAMOTO Shinya/写真解説)
PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)/平野 陽(HIRANO Akio)
欧州仕様と同じワイドボディを採用したことで3ナンバーとなった。17インチアルミホイールは標準装備となる。リヤバンパーの左右から飛び出したマフラーはスイフトスポーツのアイコン的存在でスポーツ性の象徴だ。
全長×全幅×全高 3890×1735×1500mm
ミラー・トゥ・ミラー 1870㎜
開口高 720㎜

スイフトスポーツ
全長×全幅×全高(㎜):3890×1735×1500
室内長×室内幅×室内高(㎜):1910×1425×1225
ホイールベース(㎜):2450
トレッド(㎜)前/後:1510/1515
車両重量(㎏):970
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1371
最高出力(kW[㎰]/rpm):103[140]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):230[23.4]/2500-3500
燃料タンク容量(ℓ):37(プレミアム)
トランスミッション形式:6速MT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:195/45R17
最小回転半径(m):5.1
JC08モード燃費(㎞/ℓ):16.4 ※MT車
車両本体価格:183万6000円
月間登録台数:1401台(18年3月〜18年8月平均値)
現行型発表:17年9月

基本的な造形は標準車と共通だが、赤いグラデーション処理をされたカーボン風加飾パネルや赤く塗られたタコメーターなどが情熱的な雰囲気をプラスしている。アルミペダルの採用は、もはや伝統となっている。6速MTは適度に短めでスポーツフィーリングだ。
後席:シート地以外は標準車と同等、コンパクトカーらしいサイズ感だ。ヘッドレストも3つあり、3名がしっかり座ることができる。センタートンネルが若干盛り上がっているため中央の足元には狭さを感じるだろう。
前席:サイドサポートの張り出した専用シートが身体をしっかりとホールド。座面長も十分で膝裏まで安定して支えてくれる。ステアリングのチルト&テレスコピックとシートリフターによりポジションを調整できる。

通常時:奥行き670mm
後席格納時:高さ870mm 奥行き1430mm 幅1010mm

6対4分割可倒式の後席はシングルフォールディングタイプで格納時に段差が残ってしまうシンプルな設計。後席使用時の荷室容積は265ℓ。スポーツカーとしては十分以上の実用性を確保しているといえる。ラゲッジシェルフ(トノカバー)は標準装備されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る