Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. インサイト

新型インサイトの取材中に感じた初代の凄さ! “燃費レーサー”初代ホンダ・インサイトはF1並のフォーミュラカーだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、新型インサイトはすっかり上質なセダンとして生まれ変わりましたが、そこらへんは本誌を読んでいただくとして、今回のお題は初代インサイト。
取材中に新型の開発責任者が発した、初代インサイトを形容したフレーズに痺れたというお話。

流星号! 応答せよ! 的なフォルムにうっとり。

 先日発売された三代目インサイト。もちろん我々ニューモデル速報は「新型インサイトのすべて」を製作したのですが、その中の企画のひとつ「開発ストーリー」の取材最中に、新型インサイトの開発責任者である堀川克己さんが発したフレーズが個人的に、ハートにズッキューーン! だったのです。

 いわく、『ファースト(初代インサイト)は簡単に言うと燃費レーサーで、セカンド(二代目)はIMAシステムを広く普及させるためのクルマでした。』

 だそうです。どうですか? “燃費レーサー”、カッコよくないですか?

 誤解を恐れずに言えば、要は初代インサイト、ハッキリ言って、クルマとしての利便性など二の次三の次で、何しろ当時の最高燃費性能を持たせることが最大の開発コンセプトだったんだと思い知らされます。

薄くて軽そうなシートが二脚
せ、狭い。

 確かに振り返ってみれば、流線型のスタイルとリヤホイールハウスを覆うスパッツ。タイトな室内に目を移せば、モノフォルムシートが二脚だけの2シーターで、空力優先で後部が絞り込まれて広さも深さもないラゲッジ。実用車としては疑問符がつきますが、逆にまさにレーサーというコトバがシックリきます。

 もうワタクシ、このひと言を聞いた途端に初代インサイトが欲しくなってしまいました。日本の自動車メーカー随一のレース屋がつくった“燃費レーサー”は、優れた燃費性能を叩き出すというレギューレーションに沿って開発された。
F1マシンもかくや、というストイックさを感じる一台だと思いませんか?

 中古車をネットで検索すると、30〜50万円くらいからあるんですね。
Hondaの意地を感じるファースト・インサイト。今乗り回してたらかっこいいよなあ。

オールアルミフレームに
樹脂パーツを多用した空力ボディ

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ