MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

トヨタ・クラウンRS vs新型BMW 320i M Sport。日独2.0ℓターボFRスポーツセダン対決の行方は?

  • 2019/01/30
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・クラウンRSアドバンス

トヨタ・クラウンとBMW新型3シリーズのどちらを購入するか迷う……という人がどのくらいいるかわからないが、ともに2.0ℓ直4ガソリンターボエンジンを積んだ後輪駆動(FR)セダン。ともに、新しいプラットフォームで登場したモデル。ともに500万円台後半。とライバル同士でもまったくおかしくない関係だ。

トヨタ・クラウンRSアドバンス 車両本体価格●559万4400円

BMW 320i M Sport車両本体価格●583万円

 ハイブリッドではなく、コンベンショナルなガソリンエンジンを搭載するスポーツセダン、しかも価格は500万円台で、高いブランド性があるとなれば、意外と該当するモデルは少ないのだ。
 デビューしたばかりのBMW3シリーズと言えば、ライバルに挙がるのは、まずはメルセデス・ベンツCクラスセダンとアウディA4セダンという、いわゆる「ジャーマン3」のDセグプレミアムセダンということになろう。おそらく多くのメディアで新型3シリーズ vs メルセデス・ベンツCクラス、あるいはアウディA4という比較をしていると思う。

 ここでは、日本が世界に誇るFRスポーツセダンであるトヨタ・クラウンと比較してみることにする。
 取り上げるのは、2.0ℓ直4DOHCターボエンジンを搭載するRSグレードだ。RSアドバンスの価格は559万4400円である。
 対する3シリーズは、2.0ℓ直4DOHCターボエンジンを搭載する320i M Sport。価格は583万円である。

 クラウンでRSグレードを取り上げるのは、シリーズ中もっともスポーツ性が高く、ハイブリッドモデルでないからだ。フロントに強力な2.0ℓ直4エンジンを縦置きして後輪を駆動するという、いまでは古典的とも言えるフォーマットを踏襲するのが、クラウンRSなのだ。
 
 クラウンは、TNGAの縦置きプラットフォームであるGA-Lプラットフォームを採用した第3弾がクラウンだ。先行したレクサスLC、LSで見えた弱点を改良したFRプラットフォームである。

 対するBMW3シリーズは、先代がF30という「F」系から、「G」系に進化しG20型と呼ばれる。プラットフォームを一新しているだけあって、ボディサイズが拡大したものの、設計重量値は先代F30型から55kgも軽くなっている。実際は、先進安全装備や快適装備の充実などでその55kgを使っているので、車重は先代と変わらないが、それでも1560kgというこのクラスでは軽量なボディを手に入れている。ちなみにクラウンRSは1730kgと170kgも320i M Sportより重い。

 エンジンは?といえば、これはクラウンの8AR-FTS型2.0ℓエンジンの方が強力だ。

 燃料供給は、直噴とポート噴射を併用するD-5ST。過給は320i M Sportと同じく1基のツインスクロールターボで行なう。
 パワースペックは
最高出力:256ps(180kW)/5200-5800rpm
最大トルク:350Nm/1650-4400rpm

 だ。BMW320i M Sportの
最高出力:184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク:300Nm/1350-4000rpm

 と比べても72ps/50Nm、クラウンの方が強力だ。クラウンRSに匹敵するパワーがほしいとなると、320iではなく330i(258ps/400Nm)で632万円(330i M Sport)となる。

 どちらのモデルも先進運転支援やコネクティビティは最新のものを採用している。このあたりは実際に乗って試してみないとわからないだろう。ただ、BMW 3シリーズの

というリバースアシスト機能は魅力的だ。

おすすめのバックナンバー

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ