MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/12
  • ニューモデル速報

雪が降ると、俄然頼もしさが増すクルマとは? 三菱 新型デリカD:5(DELICA D:5)雪上試乗記

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱 新型デリカD:5の雪上試乗のため、北海道千歳にある特設オフロードコースを訪れた。そこでは、新型デリカD:5、アウトランダーPHEV、エクリプスクロスの3台が待ち構えていた。いずれも三菱が得意とする四駆が自慢の最新三大ラインナップである。それぞれに四駆制御に違いがあって魅力的な各車だが、とくに、新型モデルに生まれ変わったデリカD:5に大注目だ!

レポート◎ニューモデル速報編集部 フォト◎ニューモデル速報編集部/三菱自動車

新型三菱デリカD:5、予約注文を開始! 価格は約385〜425万円!

 デリカD:5は、ビッグマイナーチェンジが施され、相当箇所の改良を受けている。おもな変更箇所を列記すると、2.2Lディーゼルターボエンジンの改良、8速ATの新採用、フロントセクションの大幅デザイン変更と歩行者保護対応のための構造変更、インパネデザインの一新、追従式クルーズコントロールを含めた先進安全装備の搭載など、クルマの基本構造自体は変わらないものの、現行オーナーから見ても、買い替えメリット満載の大変更が施されているのである。

縦型ヘッドライトが印象的な最新意匠に生まれ変わった新型デリカD:5。
フロントに合わせて、リヤビューもデザインを小変更。それにしても、デリカD:5と雪景色はよく似合う。

 デリカは、1987年発表のギャランVR-4が頭出しとなる4輪制御技術の開発思想AWC(オールホイールコントロール)を採用する。電子制御カップリングを用いた電子制御4WDだ。ハンドル角センサーやエンジントルクなどの情報をもとに走行状況を適切に判断しながら、後輪に最適な駆動力を伝え、レスポンスの良い駆動を実現する。新型では新たにヨーレートフィードバック制御も加えられ、ヨーレートセンサーからの旋回挙動もフィードバック。より緻密な制御が可能になっている。

インパネデザインも一新された。10.1インチの型の大型モニターがインストールされたのは、現行車オーナーには気になるところ。 

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る