MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/14
  • MotorFan編集部

なんと12V鉛バッテリーはここに! ホンダ新型インサイトに投入された“ホンダらしい”メカニズム

デザイナーの理想とする外観を実現するために投入された、他車にはない特別な構造とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年12月にデビューした三代目インサイトは、低くワイドなフロントまわりのエクステリアを実現するために、プラットフォーム開発陣が工夫を凝らしたふたつの注目すべき構造をボディに採用している。

新型ホンダ・インサイトとトヨタ・プリウスのボディサイズとラゲッジスペースを比較してみる

【新旧比較】新型インサイトと初代&二代目のボディサイズを比べてみる〈HONDA INSIGHT〉

 新型インサイトのプラットフォームは現行シビックのものをベースとしているが、エンジンと発電用/駆動用のモーターを備えるパワートレーンのサイズは大きくなり、エンジンルームのスペースの余裕はあまりなかったという。


 いっぽう、デザイナー側からはボンネットを低く短くしたい、というリクエストがあった。普通ならこの背反条件はお互いが妥協していくのだろうが、新型インサイトのボディ担当は「なんとかしよう!」と努力。

 まず補機類用の鉛バッテリーをエンジンルームからセンターコンソール内!に移動している。これは、シフトがボタン式となったために一般的なシフトリンケージ等がないため、新たな余剰スペースができたからだ。トランクルームに移動されることも多いのだが、荷室容積も犠牲にしたくなかったというのがその理由。


 さらにラジエターの取り付け方法も独特。通常はフロントバルクヘッド前方にステーを設置し、そこにラジエターを取り付けるのだが、新型インサイトではバルクヘッドの間に挟み込むようにして搭載し前方への張り出しを抑えている。バルクヘッド自体も高さを抑えた。「他のクルマもこうすればいいのに?」と思うかもしれないが、これはラインでの工法を変更しなくてはならず、思った以上に大きなトライなのである。設計部門だけでなく、生産部門からの協力があって実現できた構造だ。

 このように、「ほかがやらないことをやる」というのがホンダらしさ。電気モーターによる駆動がメインであり、スムーズかつ力強いパワーフィールや、欧州プレミアムカー的なハンドリングを備えた三代目となるインサイトにも、この社風はしっかりと息づいている。


インサイトはi-MMD。ホンダのハイブリッドシステム3種、じつは2種+α?

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る