MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/16
  • MotorFan編集部

どこをとっても「スーパー」。究極のウラカンのパフォーマンスやいかに:ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー

Lamborghini Huracán Performante Spyder

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー 価格○3846万2615円
ベビー・ランボルギーニ、ウラカンのハイパフォーマンス・モデル、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー。そのルックス、パフォーマンスは、どこから見ても「スーパー」だった。もちろん、価格も、だが。ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーをジャーナリスト世良耕太が試す。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 ヨーロッパで移動のアテンドをしてくれた青年の口癖が「スーパー」だった。「オーケー」とか「グッド」の代わり に使っているらしく、例えば「何時に戻ってくる?」の問いに「5時頃かな」と答えた場合などに、「スーパー」と返事を寄こしてくる。単なる相づちだとわかっていても、「いや、そんなたいしたこと言っていないんだけど」と妙な気分になったものだった。

 ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが相手なら、いくら「スーパー」を連呼しても周囲を戸惑わせることはないだろう。なにしろ、なにからなにまで“スーパー”なのだから。「カウンタック」が刷り込まれている世代でなくとも、このクルマが「スーパー」であることは、そのフォルムを見ればわかる。地を這うようなフォルムで、全高は1180mmしかない。

赤いカバーを持ち上げてボタンを押す。それがエンジンスタート

 エンジンを始動するには、センターコンソールにある赤いカバーを持ち上げてボタンを押す必要がある。始動と停止のたびにひと手間かけさせて、このクルマがスーパーであることを感じさせる仕掛けだ。ドライブモードのセレクトはスーパーなクルマのお約束で、ボタン式。ところが、肝心要の「D」のボタンが見あたらない。

ステアリングホイールの左側のこのノブがウィンカー。ウィンカーを消す際は、真ん中を押す。

 探し相手はステアリングホイールのスポーク部にある。ターンシグナルを右に出したければ小さなノブを右に倒し、左に出したければ左に倒せばいい。反対に倒せば消えるだろうと決めつけてその通りに操作すると、右左順番にターンシグナルを点滅させて走る挙動不審なウラカンになってしまうので、注意されたい。

 ステアリングの奥に見えるメータークラスターには、色鮮やかなグラフィック表示が特徴の液晶ディスプレイが収まっているが、レーシングカーに範をとっていることを考えればこれもフツーで、サーキットで競技を行なう専用車(つまりレーシングカー)のグラフィックに寄せている。

ちなみにパワーウィンドウのスイッチはココ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る