MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > CX−3 > 【サイズ比較】同門対決! 現行CX-3 vs新型マツダ3
  • 2019/02/26
  • MotorFan編集部

【サイズ比較】同門対決! 現行CX-3 vs新型マツダ3

ボディサイズ、ホイールベース、タイヤサイズなど、現行CX-3とマツダ3との違いを写真や数値で比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月5日から開催されるジュネーブモーターショー。マツダでは、市販予定車として新型マツダ3セダンや新型マツダ3ハッチバックなどが出品されるほか、新型SUVが世界初公開となる模様。この新型SUVがどんなものなのか気になるところだが、MF編集部ではあらゆる可能性を考慮し、マツダのさまざまなSUVを俎上に上げてサイズ比較してみようと考えている。まずはデミオ(マツダ2)をベースとしているCX-3のサイズを、新型マツダ3と比べてみよう。

マツダが年内に量産を開始する新型SUVとは? 次期CX-3か? SKYACTIV-X搭載?

【現行CX-3】■全長×全幅×全高=4275mm×1765mm×1550mm ■最低地上高=160mm

【マツダ3 ハッチバック】■全長×全幅×全高=4460mm×1795mm×1435mm ■最低地上高=未発表

【現行CX-3】■ホイールベース=2570mm ■トレッド=F:1525mm/R:1520mm ■タイヤ=215/50R18

【マツダ3 ハッチバック】■ホイールベース=2725mm ■トレッド=F:1570mm/R:1580mm ■タイヤ=215/45R18

現行CX-3とマツダ3(ハッチバック)のサイズはほぼ相違なし

 新型マツダ3(アクセラ)はセダンとハッチバックと2タイプのボディ形状をもつが、ここでは、ハッチバックと現行CX-3のサイズを比較してみた。

 ホイールベースとトレッドでサイズ差を感じるが、ボディサイズはほぼ相違なしといったところ。タイヤサイズは同じだが、扁平率を見るとマツダ3がよりロープロファイル化されている。



新型マツダ3 24Vマイルドハイブリッドは? リヤのトーションビームは? 走りはどうだ?

マツダ3はランティスの再来?〈Mazda3 & LANTIS〉

マツダ3ハッチバックの多彩な国産ライバルたち シビック/カローラスポーツ/インプレッサ 200万円台後半のHBをどう選ぶ?

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る